Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

渡部建、ベッキー、石田純一ら「有名人不倫番付」の横綱・大関は誰だ!?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

 これだけ激しくイメージダウンにつながるのに、不倫がなくならないのはなぜなのか? むしろ不倫は、有名人の“イメージ=人生”をかけたスリル満点の勝負なのかもしれません……。そんな、これまで世間を騒がせた不倫騒動を振り返り、週刊女性独自の視点から解説いたします。さあ、はっけよい、のこった! のこった! 【一覧表】アンジャッシュ渡部は「大関」に認定!不倫番付表はコチラ

よりぬき名勝負を解説!

【取組 その一 石田純一×長谷川理恵】 ●発覚年:1996年10月 ●決まり手:不倫は文化  ファッションモデル・長谷川理恵との約8年に及ぶ不倫が発覚。マスコミから追及された石田は、「今までの文化を作ったり、いい音楽やいい文学っていうのは、そういうこと(不倫)からもできているわけだし」とクールに釈明。  これをスポーツ紙の記者が「不倫は文化」と大々的に報道したことで、あたかも石田が言ったかのように切り取られることに。本当は言っていないのに、日本不倫史上に刻まれる名言として語り継がれるあたりは、さすがは石田“プレーボーイ”純一! 今なお芸能人の不倫が絶えないことを考えると、本当に文化なのかもしれない。 【取組 その二 ベッキー×川谷絵音(ゲスの極み乙女。)】 ●発覚年:2016年1月 ●決まり手:センテンススプリング  “センテンススプリング!” “離婚届を「卒論」と呼称” “川谷の故郷・長崎へ実家訪問” “完璧な否定記者会見”……。大一番と称したくなるほど数々の名シーンを生み出したベッキー&川谷の不倫騒動。これまで圧倒的優等生だったベッキーの裏の顔があらわになったガチンコの一番としても見逃せない。  釈明記者会見での「友人関係です」といったウソを含めたやらかしは、元気を押し売りする彼女の一辺倒な戦い方に限界があることを示す格好に。しかし酸いも甘いも噛み分けた今、役者としても覚醒するベッキーの姿は、どこか頼もしい。

数々のキャッチフレーズを生み出す

【取組 その三 乙武洋匡×複数の一般女性】 ●発覚年:2016年3月 ●決まり手:5人で満足  一般女性とのフランス不倫旅行をスクープされるや、5人の女性と不倫関係にあったことを自虐的に告白する──、という荒業を披露した乙武。『五体不満足ならぬ五体不倫満足』をはじめ、『五体不満足で五人大満足』『一本満足』など、座布団が飛び交うように次々と名キャッチフレーズが飛び出したことも記憶に新しい。  また、離婚した元妻の「妻である私にも責任の一端があると感じております」、「心身ともに疲れきっており、主人の世話から少しでも解放される時間が欲しいと思ったのは事実でした」といったコメントも話題に。前例がないだけに、多くの関心を集めた不倫だった。 【取組 その四 山本モナ×細野豪志(衆議院議員)、二岡智宏(巨人軍コーチ)】 ●発覚年:2006年10月 ●決まり手:路上不倫チュー  当時、民主党の若手中心人物だった細野豪志衆議院議員と山本モナの“路上不倫チュー”が発覚。結果、細野は党役職を辞任し、「モナ男」と揶揄(やゆ)され存在感は希薄に。平成の“傾国の美女”山本モナは、続く'08年7月にはプロ野球選手・二岡智宏との不倫が報じられ、始まったばかりの情報番組『サキヨミ』の総合司会を1回で降板。  二岡は1軍昇格見送りに加え、頭を丸めて謝罪……恐るべし、傾国力! 所属したオフィス北野の社長(ビートたけし)をもあきれさせた奔放ぶりだったものの、現在は3児の母。いまや立派な良妻賢母……のはず、ですよね? 《コラム1:不倫事件当事者の俳優・原田龍二に直撃!》  たくさんの人に迷惑をかけて、大きな反省材料ができてしまいましたが、不祥事以降、自分への自尊心が1%でも残っているなら、自ら火をつけるしかないとも思いました。いろいろな番組に呼んでもらいましたが、絶対にいじられるので、ホンネは「行きたくない」んです(笑)。  でも、いただいた仕事に全力で取り組むしかないぞ、と自分に喝を入れながら働いています。妻への思いはより強固なものになりました。一生、妻にひれ伏して生きていきます。

【関連記事】