Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

J&T環境ら12社、使用済みプラスチックの再資源化で新会社

配信

鉄鋼新聞

 JFEエンジニアリングのグループ会社、J&T環境(社長・露口哲男氏)は先月30日、使用済みプラスチックの再資源化事業に取り組む新会社「アールプラスジャパン」へ資本参加すると発表した。業界を超えた12社が共同出資するもので米国のバイオ化学ベンチャー企業、アネロテックの技術を活用。環境負荷の少ない効率的なプラスチック再資源化技術の開発に挑戦し、2027年の実用化を目指す。  出資するのはほかにサントリーMONOZUKURIエキスパート、東洋紡、レンゴー、東洋製罐グループホールディングス、アサヒグループホールディングス、岩谷産業、大日本印刷、凸版印刷、フジシール、北海製罐、吉野工業所。既に東京都港区に新会社を設立し、今年6月から事業を開始した。社長にはサントリーMONOZUKURIエキスパートの横井恒彦執行役員が就任。現時点での出資金は約25億円で、今後も出資を広く募る方針。足元では住友化学なども出資を検討しているという。各社の出資比率は公表していない。  ペットボトル以外のプラスチックは国内では多くが燃焼されていると言われている。今回の技術はペットボトルを含むその他一般のプラスチックを直接ベンゼンやトルエン、キシレン、エチレン、プロピレンなどの原料に戻すケミカルリサイクル技術。従来の油化工程を経由するケミカルリサイクルよりも少ない工程で処理できるほかCO2排出量やエネルギー必要量の抑制にもつながることが期待される。この技術が確立できればより多くの使用済みプラスチックの効率的な再生利用につながる。  新会社はアネロテックと共に技術開発を推進。世界で共通となっているプラスチック課題解決に貢献すべく回収プラスチックの選別処理、モノマー製造、ポリマー製造、包装容器製造、商社、飲料メーカーなど業界を超えた企業連携で実用化を目指す。  J&T環境は今年5月に国内最大のペットボトルリサイクルレジン製造工場の新設を発表。今回の使用済みプラスチックのケミカルリサイクルはペットボトルのマテリアルリサイクルに加えてプラスチックリサイクルの幅を広げる意義深い取り組みと位置付けている。今回、他社と共同で設立した新会社に積極的に関わりながら次世代の技術開発に取り組んでいく方針。