Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドラム式洗濯機と浴室乾燥機の電気代比較。差は4分の1にも

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

家にいる時間が増えると水道光熱費が上昇し、悩んでいる人も多いのでは? でも、大丈夫! 毎日使うものだけに、おトクな方法を知れば節約効果はグンとアップします。 水道光熱費のお悩みに、ファイナンシャルプランナーの丸山晴美さんが答えてくれました。

水道光熱費、どっちがおトク?~洗濯編~

水道や電気を使う洗濯機。なんとなく習慣化した使い方に、意外なムダが潜んでいるかも? もう一度、使い方を見直してみて。

●たて型洗濯機vsドラム式洗濯機→洗濯機能だけならドラム式がおトク!

11kgの洗濯機の場合、1回の洗濯にかかる費用は、たて型の場合消費電力は120Whで電気代3.24円、水量は93Lで水道代21.2円と合計で24.44円かかります。 一方、ドラム式の場合、消費電力は69Whで電気代1.86円、水量は78Lで水道代17.78円と合計で19.64円。 1回の洗濯にかかる費用は、ドラム式が4.8円おトクです(エネチェンジ調べ)。

「ドラム式洗濯機を買うなら、ヒートポンプ式乾燥を選んで。低温風で乾かして衣類を傷めないうえ、電気代もヒーター式より割安です。乾燥機をよく使う人は要チェック」(丸山さん)

●浴室乾燥機vs洗濯機の乾燥機能→洗濯機の乾燥機能がおトク!

浴室乾燥機の消費電力は約1250W。ほぼ同じワット数のヘアドライヤーをつけっぱなしにしているようなもので、3時間の使用で電気代が約101.25円にもなります。 一方、ドラム型洗濯機の乾燥機能は、洗濯~脱水43分と乾燥127分を合わせても電気代は24.3円(ヒートポンプ乾燥タイプ 洗濯機で脱水容量11kg、乾燥容量6kgの場合)と4分の1。 洗濯機の乾燥機能が断然おトクです(エネチェンジ調べ)。

●ためすすぎvs注水すすぎ→水道料が減るのでためすすぎがおトク!

設定水位まで水をためてすすぐ「ためすすぎ」に対して、「注水すすぎ」は設定水位に達したあとも給水しながらすすぐ方式。衣類のゴミや洗剤残りを落とせるメリットがありますが、水を大量に使うため水道代は高くなります。 注水すすぎ1回よりためすすぎ2回の方が使う水の量が少なく、最大50%の節水に。よほど汚れが気になるとき以外、ためすすぎをチョイスして!(エネチェンジ調べ)

【関連記事】