Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

梅雨が明けたら夏本番!医師が教えるサイクリストのための熱中症対策

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

長い梅雨が明け、ようやく夏がやってきました。急に暑くなると身体の準備もできていないため、熱中症にかかる可能性も高くなります。また、コロナウイルス感染対策としてマスクの着用の気になるところです。ここでは強豪ホビーライダーとして知られる医師、本田母映先生、そして救急救命士として現場で活動してきた本田竜介さンが教える「熱中症の予防と対策」を紹介します。

サイクリストのための熱中症予防と対策について

<はじめに> ようやく梅雨が明け、外でサイクリングをしようと思う方がたくさんいると思います。この夏からまたサイクリングライフを楽しんでいきたいですね。 さて、本格的な夏を迎えるにあたって注意したいのが「熱中症」です。熱中症は高温多湿の環境下で起こりやすい症状です。特に今年はインドアサイクリングを中心に取り組んでいたサイクリストが、気温が高く強い日差しの下へ急に出ると熱中症のリスクが高まります。今一度、熱中症について再確認して、予防と対策をしっかり行ってサイクリングへ出かけましょう。

<熱中症の概要> 熱中症が増える時期とは? 熱中症は、梅雨が明けた7月中旬から8月上旬の時期が最も多いです。その理由は、梅雨明けにより気温が上昇することと、暑熱順化(身体が暑さに慣れること)が出来ていないことが重なるためです。特に今年は新型コロナウイルスの影響でインドアサイクリングを中心に取り組んできたサイクリストが多いと思いますので、まさにこれからの季節、梅雨明けの熱中症に要注意です。

<気温、暑さ指数(WBGT)と熱中症の関係> 気温が高くなると熱中症のリスクは当然高まりますが、気温より更に熱中症と相関性があると言われているのが暑さ指数(WBGT)です。 暑さ指数(WBGT:湿球黒球温度)とは、人間の熱バランスに影響の大きい 1.気温 2.湿度 3.輻射熱 の3つを取り入れた温度の指標です。 ※熱中症の危険度を判断する数値として、環境省では平成18年から情報提供しています。 暑さ指数(WBGT)は乾球温度計、湿球温度計、黒球温度計を使って計算されます。 暑さ指数(WBGT)が28℃を超えると熱中症が著しく増加するとされていて、運動に関する暑さ指数(WBGT)の指針としては、28~31℃で厳重警戒(激しい運動は中止)、31℃以上で運動は原則中止となります。サイクリングへ出かける前に、暑さ指数(WBGT)についても気にかけてみてくださいね。 こちらで確認できます。 https://www.wbgt.env.go.jp/wbgt_data.php

【関連記事】

最終更新:
FUNQ