Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

吉田優利を左手首の怪我による不調から救った「軽く振っても飛ぶ」ドライバー

配信

ゴルフ情報ALBA.Net

今年4月に20歳になったばかりの吉田優利。同学年は“プラチナ世代”と呼ばれ、安田祐香、古江彩佳、西村優菜ら有望株が揃う。吉田は2018年に日本女子アマ、日本ジュニアの2冠を達成し、昨年は「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」で4位タイに入るなど実力は実証済み。昨年のプロテストを一発合格、QTでは20位に入りツアー出場権を得た。今季からプロとして戦う吉田のクラブセッティングを見ていこう。 体のやわらかさを生かして240ヤード【連続写真】 アマチュア時代から使用するブリヂストンと用品契約を結んだ吉田優利。クラブセッティングを見てみるとドライバーからアイアンまでボールの上がりやすい、やさしいクラブを選んでいることがわかる。ドライバーは弾き系の『Tour B JGR』。ブリヂストンの中でもアベレージゴルファー向けのクラブだ。「万全な状態ではない私を支えてくれた1本」と語る吉田がこれを選んだ経緯を、ツアーレップの阿部貴史氏に聞いた。 ■ドライバーもアイアンもやさしさを重視 「昨年の途中まで他社のドライバーを使っていたのですが、左手首を痛めて、ドライバーが思うように打てない時期がありました。それでプロテスト前の富士通レディースで集中してドライバーをテストしてもらったら、『JGR』がはまったんです。軽く振っても初速が上がりやすいクラブなので、飛ぶ感覚があったのでしょう。ロフトがある10.5度にしたら、楽にボールが上がって(怪我で)スピードが落ちた部分を補ってくれる。スピンも適度に入っていました」。 アイアンは『TourB JGR HF2』。こちらもアベレージゴルファー向けでプロモデルではない。その特徴はやはりボールの上がりやすさとミスヒットに寛容なところ。「アイアンもボールが楽に上がることを求めています。フィッティングしていて思うことは、古江彩佳プロもそうですけど、ナショナルチーム・ヘッドコーチのガレス・ジョーンズが弾道計測器のトラックマンを使ってアドバイスをしていたようで、その数字にとてもこだわります」(阿部氏) トラックマンでは特に『クラブパス』(真上から見たときのヘッドの軌道)と『フェイストゥパス』(真上から見たときのクラブ軌道に対するフェースの開閉度合い)にこだわるという。「自分の良いときの数字をわかっていて、そうなれば自分のスイングは良くなるということが分かっている。こちらが良い球だと思っていても、数字が悪いと本人は納得しない。自分のスイングに集中するために、クラブにはやさしさを求めているのかもしれませんね」と阿部氏は話してくれた。 現在、ドライバーは昨年よりもスピードが出て力強く振れるようになってきている。「もう少し弾道を抑えた方がさらに飛ぶんじゃないか」という吉田本人のリクエストがあって、ロフトを立てた9.5度のモデルも試しているという。さらに高いパフォーマンスを出すために、スイング面でもクラブ面でも改善に一生懸命取り組む吉田が、どんなゴルフを見せるのか楽しみだ。 【吉田優利のクラブセッティングと番手別飛距離】 1W:TOUR B JGR(2019) 10.5度 Speeder 569 EVOLUTION V(S) 240y 3W:グローレF Speeder 569 EVOLUTION III(S) 210y 5W:グローレF Speeder 569 EVOLUTION III(S) 200y 3U:Tour B XD-H ATTAS HY75(S) 190y 4U:Tour B XD-H ATTAS HY75(S) 180y 5I:Tour B JGR HF2 KBS TOUR 90(S) 170y 6I:Tour B JGR HF2 KBS TOUR 90(S) 160y 7I:Tour B JGR HF2 KBS TOUR 90(S) 150y 8I:Tour B JGR HF2 KBS TOUR 90(S) 140y 9I:Tour B JGR HF2 KBS TOUR 90(S) 130y PW:Tour B JGR HF2 KBS TOUR 90(S) 120y 52度:Tour B XW-F  KBS TOUR 90(S) 100y 58度:Tour B XW-F  KBS TOUR 90(S) 80y PT:O-WORKS BLACK #2W (撮影:福田文平)<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】