Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

人工知能がカラー化した「戦前モノクロ写真」凍った日常が蘇る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SmartFLASH

 戦前から戦後にかけての写真は、もっぱらモノクロです。カラーの写真に眼が慣れた私たちは、無機質で静止した「凍りついた」印象を、白黒の写真から受けます。このことが、戦争と私たちの距離を遠ざけ、自分ごととして考えるきっかけを奪っていないでしょうか? 【写真あり】「片山写真館の夕涼み」着色前・着色後  この「問い」から、カラー化の取り組みがはじまりました。私たちはいま、AI(人工知能)とヒトのコラボレーションによって写真をカラー化し、対話の場を生み出す「記憶の解凍」プロジェクトに取り組んでいます。  カラー化によって、白黒の世界で「凍りついて」いた過去の時が「流れ」はじめ、遠いむかしの戦争が、いまの日常と地続きになります。  そして、たとえば当時の世相・文化・生活のようすなど、写し込まれたできごとにまつわる、ゆたかな対話が生みだされます。 「記憶の解凍」プロジェクトは、2017年、広島の高校生だった共著者、庭田杏珠さんとの出会いから始まりました。平和活動に積極的に取り組んでいた庭田さんに、自動カラー化の技術を教えたのです。  庭田さんは、現在は広島平和記念公園となっている「中島地区」に着目しました。かつてそこにお住まいで、原爆投下によりすべての家族をうしなった濱井徳三さんとの交歓とカラー化技術が庭田さんのなかで結びつきました。  いまは「公園」となった場所は、かつての「繁華街」だったこと。そこにあった平和な暮らしが一発の原子爆弾によって永遠に失われてしまったこと。こうした事実から、平和の大切さを多くの人に感じてもらいたい。  この庭田さんの想い、そしてカラー化写真から生まれた「対話」でよみがえった、濱井さんの記憶。そのようすを目の当たりにしたとき、「記憶の解凍」ということばが降りてきました。現在、私たちは共同で、この活動に取り組んでいます。 「記憶の解凍」は、AIとヒトとのコラボレーションです。  まず、AI技術でモノクロ写真を「自動色つけ」します。AIは、人肌・空・海・山など、自然物のカラー化が得意です。一方、衣服・乗り物などの人工物は苦手で、不自然さが残ります。 「自動色付け」は、あくまで「下色付け」です。次に、戦争体験者との対話・SNSで寄せられたコメント資料などをもとに、手作業で色を補正していきます。この「色補正」は、とても手間のかかる地道な作業です。  たとえば、「戦前の広島・本通り」の完成までには、数ヶ月かかっています。

【関連記事】