Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ホンダF1】力強いペースを見せた2チーム、タイムはやや明暗を分けた一日

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TopNews

F1第8戦イタリアGP(6日決勝レース、モンツァ)のフリー走行2回目が行われ、ホンダF1が次のように振り返った。 ●【FP2結果】2020年F1第8戦イタリアGPフリー走行2回目のタイム差、周回数 ■ホンダF1:F1イタリアGP初日レポート イタリアGPの初日。HondaのPUを搭載したアストンマーティン・レッドブル・レーシング、スクーデリア・アルファタウリの両チームはフリー走行で力強いペースを見せながらも、タイムとしては2チームでやや明暗を分けた一日となりました。 ■フリー走行1回目 FP1で全4台がトップ6入りというポジティブな結果から始まり、結果的に見ると前向きなレースウィークのスタートを迎えました。アルボンが3番手、それに続きクビアトが4番手となりました。 フェルスタッペンはセッション中にアスカリでスピンをし、フロントウイングにダメージを負いましたが、セッション終盤にはコース復帰を果たすことができました。FP1は5番手で終えることとなり、続いてガスリーが6番手となり、4台すべてが上位6番手以内となりました。 ■フリー走行2回目 金曜の午後に行われたFP2では、ガスリーが4番手、フェルスタッペンが続いて5番手、クビアトが7番手、そしてアルボンが14番手で終えることとなりました。 ガスリーはセッション終盤に見つかったダンパーの小さな問題により、予定外のピットストップを要することになりましたが、セッションを通して力強さをみせました。 ■PUモードの新規制 この週末から開始されるPUのモードに関する新しい規制の下でも、予選・レースでPUの力を最大限に発揮できるよう、今日のセッションで得た有益なデータの解析を進めていきます。

【関連記事】