Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ハリー・スタイルズも愛用! 古布をアップサイクルするNY発のブランド「ボーディ」の生産背景。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE JAPAN

NYのダウンタウンにアトリエを構え、アンティークのテキスタイルを使って服作りに取り組むボーディ(BODE)。昨年、CFDAの注目若手デザイナーに贈られる「エマージング・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれ、さらにパリコレデビューを果たすなど、世界的に評価され始めている。ローカル生産やハンドメイドに重きを置くクリエーションの背景を紹介する。

使われなくなったものに手を加え、新たな価値として循環させるアップサイクルは、環境問題に高い関心を持つ若手デザイナーを中心に広がりつつある。古いテーブルクロスや掛け布団などアンティークのテキスタイルから服作りに取り組むボーディ(BODE)のエミリー・アダムス・ボーディは、その動きをけん引する一人だ。 ジョージア州アトランタで生まれ育った彼女は、現在30歳。幼い頃から関係を築いてきたアンティークディーラーとのネットワークを通じ、世界中から集めた古布を使って、クラシックなアメリカンウェアを再現している。パーソンズ美術大学でメンズウェアのデザインを学んだ後、いくつかのブランドで経験を積み、2016年に自身のブランドを設立。以前の職場で目の当たりにした服の大量廃棄に衝撃を受け、アンティークのテキスタイルを使用した一点物で服作りをスタートさせた。

NYでのローカル生産にこだわる理由。

ブランド設立から約4年経った現在も、アンティークのテキスタイルの使用は全体の40%以上を占める。新しい生地に関しては、ザ・ウールマーク・カンパニーの協力を得て、トレーサビリティの認証を得た持続可能な糸からできた生地を使用。さらに、ダウンタウンのアトリエで働くアーティストらによる刺繍やアップリケ、ペインティングなどハンドメイドの作法を加えることで、類を見ない特別な作品へと昇華させている。 また、生産コスト削減のために国外生産を行うブランドが多いなか、ほぼ全てのアイテムが「Made in NY」だ。一着一着がローカルの熟練したテイラーたちの手で丁寧にカットされている。失われつつある職人技術を守っているだけでなく、サンプル発注・修正に敏速に対応でき、輸送費を省くことができるのもローカル生産の利点だ。

【関連記事】