Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

こんなにも違う。女性閣僚の比率が一目瞭然…。10カ国の内閣の写真を比べてみた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BuzzFeed Japan

菅義偉首相が率いる、新政権が発足しました。新内閣も発表されましたが…平均年齢は60.4才、女性閣僚は上川陽子法相と橋本聖子五輪相のみです。女性に関する国連の機関「UN Women」とIPU(列国議会同盟)が2020年3月に発表したデータによると、2020年1月時点では、日本の閣僚ポストで女性が占める割合は15.8%で、なんと「世界113位」。海外9カ国の内閣と比べてみました。【 BuzzFeed Japan / 冨田すみれ子】

スペイン

2020年1月に発足したスペインの新政権は22人中11人が女性。 先述のUN WomenとIPUのデータによると、2020年1月時点、2019年1月時点での内閣で共に女性閣僚の割合は世界1位でした。 (以下の写真は全て、新政権発足時に撮影された集合写真のため、その後、閣僚の一部が交代していることがあります。)

カナダ

2019年11月に発足したカナダの内閣では、トルドー首相が男女の割合が半々の内閣人事をしました。 男女比だけでなく、海外へのルーツや様々なバックグラウンドを持った閣僚がいて、多様性のある内閣として日本でも話題になりました。 トルドー首相は2015年の組閣でも男女の割合を半々にしていました。記者からその理由について聞かれた際には「だってもう2015年だから」と答えています。

ルワンダ

UN Womenによると、ルワンダの女性閣僚の割合は53.6%で世界8位。 また、下院議員も61.3%が女性で、女性議員の割合ではなんと世界1位です。 女性閣僚の割合トップ10カ国には、中南米から、ニカラグア、コロンビア、ペルーと3カ国がランクインしていますが、アフリカからはルワンダが唯一、入りました。

ペルー

2020年8月にスタートした新内閣では、コロナ禍の中、マスク姿で集合写真を撮影。 内閣改造などで近年、短期間の間に頻繁に顔ぶれが変わっているペルーの内閣ですが、8月発足の新内閣にも女性7人が入閣しています。 2020年1月時点での内閣では、20人中11人と55%が女性閣僚で、世界でも6位でした。

【関連記事】