Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

フランシス・F・コッポラ監督、ウィノナの証言を否定「キアヌ・リーブスに虐待を指示したことはない」

配信

ELLE ONLINE

先週末発売された新聞「サンデータイムズ」で1992年の映画『ドラキュラ』撮影時のエピソードを明かしたウィノナ・ライダー。彼女が泣くシーンで、監督のフランシス・フォード・コッポラがもっと激しく泣かせるために彼女を「あばずれ」と罵倒した上、その場にいたキアヌ・リーブスやアンソニー・ホプキンスら他の出演者にも同じようにするよう指示をしたと告白した。ウィノナによると「キアヌもアンソニーもそれには従わないで守ってくれた」。 このインタビューが報じられるとコッポラ監督に対する批判が噴出。これは虐待だと指摘する声が大きくなっている。これに対してコッポラ監督がついに声明を発表した。「ウィノナは素晴らしい俳優だと思うが、彼女が語った出来事は起きたことと違う。私は人としても監督としても、誰かを罵倒したり虐待したりはしない」と全面否定している。

監督曰く「あのときのことはよく覚えている。私はドラキュラ役のゲイリー・オールドマンに対して、ウィノナや他のキャストたちを怖がらせるために、何かアドリブでささやくように指示を出した。彼がなんと言ったのかわからないが、アドリブは映画制作の上で一般的な手段だ」。

これに対してSNSでは「キアヌではなくゲイリーに虐待を指示したということ?」「怒鳴るのではなく囁くのならいいのか」と指摘する声が早速浮上している。アドリブならすべてが許されるのかという問題も。この否定声明に対してウィノナも、名前の上がったゲイリー・オールドマンもまだコメントしていない。関係者の反応を待ちたい。

【関連記事】