Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「鬼滅の刃」アニメ終了から1年、人気は今も キッズ層取り込みでグッズ化も続々

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

「鬼滅の刃(きめつのやいば)」人気が衰えを見せない。原作は16年初めから「週刊少年ジャンプ」(集英社)で吾峠呼世晴(ごとうげ こよはる)が連載していた伝奇アクションマンガだが、19年4月にアニメ化されてから人気に火がついた。大正時代を舞台に、主人公の少年・竈門炭治郎(かまど たんじろう)が鬼に殺された家族の敵を打ち、鬼になった妹を人間に戻すために戦いに身を投じていくというストーリーだ。  半年にわたるアニメ放送を受け、作品は社会現象化。コミックスの累計発行部数は8000万部を超え、店頭販売の品切れ続出がニュースにもなった。19年9月28日にアニメ最終回((TOKYO MXほか)が放送されておよそ1年が経とうとする今も、10月16日に「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」の公開が迫ることもあって、ブームは加速化している。  ***

アニメ終了→原作終了の“企み”

 人気絶頂の今年5月に、マンガ連載を完結させたことはファンを驚かせた。宿敵である鬼舞辻無惨に対して炭治郎らが総力戦で挑み、物語は大団円を迎えたのだ。キャラクターたちの運命は決着、新たな出発も描かれ、ファンには大満足な結末だったに違いない。とはいえ連載はまだ4年余り。「ONE PIECE」や「名探偵コナン」のように、人気作品は20年以上連載が続くことも珍しくないマンガ業界では、大胆な幕引きといえた。ビジネス的な視点からは、もう少し連載を続けて作品を長く続けたほうが、利益も大きくなったのでないか。一方で、テレビシリーズから雑誌連載完結、このたびの劇場版公開との流れを見ると、作品展開はかなり周到に練られた節が窺われる。ここまでの大きさを想定していたか定かではないが、作品のヒットは単なる偶然とは思えない。  アニメ化にあたり制作会社ufotableを起用した点からもそれはわかる。ufotableは若者に絶大な人気を持つ「Fate」シリーズの制作で知られるアニメスタジオである。圧倒的な作品のクオリティの高さゆえ制作本数が少なく、同社への発注自体が勝負作であったことを示している。当初からシリーズが深夜アニメで一般的な1クール(3ヵ月)でなく2クール(半年)であったことも、予算が大きく、万全な体制でのアニメ化が目指したことが判る。  アニメ終了からそれほど間を置かず、原作が終わった点も、関係者の準備が見て取れる。今回「鬼滅の刃」はテレビ、劇場のふたつの映像企画を並行させていたわけだが、これは数年がかりの長期プロジェクトになる。そのタイミングで原作連載が終わるとなれば、企画が進む段階で、原作の方向性は共有されていなければならない。つまり「鬼滅の刃」はアニメ人気の中で突然終了したのではなく、むしろこれを前提としたアニメ化であったわけだ。

【関連記事】