Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

パソコンの充電器はもっと小さくなります。スリムなPD充電器まとめ

配信

ギズモード・ジャパン

通勤・通学を軽やかに。 緊急事態宣言が解除され、自宅勤務しつつもたまに出社が必要...という人が増えるのではないでしょうか。そういう働き方がメインになると、自宅とオフィスをノートPCを持って移動する機会が増えます。今まではオフィスにPCを置きっぱなしだった人からすれば、移動中の荷物が増えてしまうわけですね。 【全画像をみる】パソコンの充電器はもっと小さくなります。スリムなPD充電器まとめ そこで荷物の軽量化に役立つご提案。ノートPCに付属しているACアダプタ(充電器)を小型化するのはいかがでしょう? たとえばMacBook Proに付属してくるACアダプタって大きくて重いですよね。もっと小型のものにかえれば、普段の荷物がすっきり軽くなります。そんな「PC充電器スリム化計画」を実行するためのガイドを紹介します。

USB PD対応ノートPCならACアダプタをスリム化できる

この計画を実行するには、まず自分のノートPCの仕様を確認しましょう。 必要な条件は、ノートPCがUSB-Cポートを使った「USB Power Delivery(USB PD)」での充電に対応していること。対応しているかどうかは自分のPCの型番と「USB PD」でGoogle検索すればわかるはずです。もしこれに対応していなければこの記事の対象外ですので、素直にノートPCに付属する純正の充電器を使いましょう。 ところで、そもそもUSB PDとは何なのでしょうか? これは、USBケーブルを使って大容量の電力を流すための規格。難しい解説は省略しますが、最大100Wの電力を供給することが可能です。 USB PDに対応しているノートPCならば、純正より小型のサードパーティ製のUSB PD充電器も選べるのです。

迷ったら王道の60Wクラスを選ぼう!

ノートPCの充電に必要な電力はPCの機種によって異なりますが、最近の主流は60W前後です。たとえばMacBook Pro 13インチは61W、Surface Pro 7は65Wです。もっと小型軽量のノートPCでは30Wや45Wのものもありますが、USB PDの場合は基本的に大は小を兼ねます。つまり60Wに対応した充電器を買っておけばだいたい対応できるのです。 ということで、今回は60Wの王道とされているサードパーティ製充電器をいくつかご紹介します。 RAVPower PD PIONEER 61W WALL CHARGER/急速充電器 この充電器の最大の特徴は、なんといってもそのサイズ。手のひらにすっぽり収まるサイズで重さ約105g。MacBook Pro 13インチに付属する61WのACアダプタは約200gですから、それに比べると半分ほどの重さしかありません。MacBook Pro 13インチならば約1.8時間ほどでフル充電できます。 どれにしようか迷った場合は、とりあえずこれを買っておけばいいでしょう。 AUKEY Omnia 65W こちらは65Wに対応しつつUSB-Cポートを2つ搭載した製品。手のひらサイズで重さは約102gです。 このタイプは使い方にちょっと注意が必要。USB-C 1ポートだけを使い充電すると最大65W出力ができますが、2ポート同時に使用するとそれぞれ45W、18Wが最大出力となります。さすがにノートPC2台への同時充電はできませんが、MacBook Airなど少ない電力で充電できるノートPCとスマホを同時充電する使い方ができるのが魅力です。2ポート同時に使う場合、上のポートのほうがW数が大きい(45W)ので、ノートPCへ充電する場合は上のポートを使いましょう。 また、MacBook Proなど一部のノートPCでは規定のW数以下の充電器を使用しても充電が可能です。充電速度はやや遅くなりますが、ヘビーな作業をしないのであれば30~45Wでも使用できます。小型かつ2ポートの充電器が欲しい場合はこちらがオススメです。 AUKEY Omnia 61W 1ポート こちらはまだ未発売のモデルですが、61Wながら43×43×30mm、重さ約86gという超小型軽量がウリ。USB-Cポートは1基ですが、同じ仕様のRAVpower 61Wよりも小型化されています。とにかく小さいほうがいい!という場合はこちらの発売を待ってみてもいいかも?

【関連記事】