Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大御所モデルのナオミ・キャンベル、あのショーでの伝説の“転倒”を振り返る

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

大御所スーパーモデルのナオミ・キャンベルが先ごろ、とある有名な古い動画をインスタグラムに投稿した。 【写真】“異次元”スーパーモデル、ナオミ・キャンベルの伝説的ランウェイルック 1993年に行われたヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)のランウェイで、かなり厚底のプラットフォームシューズを履いていたためバランスを崩して座り込んでしまい、思わず笑みを浮かべるナオミのこの姿は、ファッション好きなら一度は見たことがあるだろう。彼女は落ち着きを取り戻すと立ち上がり、再びランウェイを歩き出した。 ナオミはこの動画とともに、南アフリカの故ネルソン・マンデラ元大統領の言葉を投稿している。「私の成し遂げた成功で私を判断しないでほしい。私が転び、そして立ち上がった回数で判断してほしい」

またナオミは、このショーから20年が経った2013年に出演したイギリスのTV番組『ジョナサン・ロス・ショー』で、“有名になった”このシューズと再会。司会のジョナサンからもう一度これを履いて歩いてほしいと頼まれ、なんとか転倒することなくキャットウォークを披露していた。 この時のことについてナオミは、「ヴィヴィアン・ウエストウッドのあのシューズと再会。転ばなかったわ。ジョナサンありがとう、おかげで笑えたわ!」ともツイートしている。 誰もが大きなストレスや不安を抱え、先行きが見えない今だからこそ、ナオミはこの時の自分の失敗を見て、私たちに元気を出してもらおうと思ったに違いない。

From Harper’s BAZAAR

【関連記事】