Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「御真影」が復活したのか 表現の不自由展が示したこと

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 やはりこちらが“本丸”だったのか。  あいちトリエンナーレの企画展「表現の不自由展・その後」(以下「不自由展」)が再開された日、河村たかし名古屋市長の抗議映像が、本サイト「47ニュース」に掲載された。掲げるプラカードに「日本国民に問う! 陛下への侮辱を許すのか!」とあった。  ■ターゲットの変遷  河村市長はもともと、元従軍慰安婦をモチーフとする「平和の少女像」を問題視していた。8月2日に不自由展を視察した後、少女像について「どう考えても日本人の心を踏みにじるもの」と述べ、不自由展の中止を要求した。  1週間後の8月9日、市長は市のホームページに、不自由展に抗議した経緯を説明する文章を載せ、「問題と思われた主たる展示物」の(1)として「平和の少女像」を名指しした。(2)は「焼かれるべき絵」と「遠近を抱えて」。  ちなみに(2)の「焼かれるべき絵」は「昭和天皇と推察される写真の顔の部分が切り取られ一部が焼かれているように見える作品」とし、「遠近を抱えて」は「昭和天皇の写真が炎に包まれているような場面を含む映像作品」と述べる。断定を避け「炎に包まれているような」と慎重な表現を選んでいる。

 ところが、9月20日にトリエンナーレ実行委員会会長である大村秀章愛知県知事あてに出した公開質問状では、【問1】として真っ先に「遠近を抱えて」を取り上げた。作品説明も「昭和天皇の肖像写真を、意図的にバーナーで燃やした上で、その灰を靴で踏みつける動画作品」と、表現をエスカレートさせた。「少女像」は【問2】に後退している。  最初から天皇モチーフの作品こそが問題だと捉えながら、何らかの理由でまず「少女像」にフォーカスしたのか。あるいは後になって、天皇作品の方がより悪質だと悟ったのか。または政治家の嗅覚が、その方がより市民の共感を集めると踏んだのか。内心は測りがたいが、中心的な攻撃対象は「遠近を抱えて」にシフトした。  ■「陛下への侮辱」なのか  ここでプラカードの「陛下への侮辱」という言葉に立ち止まりたい。  皇室典範第23条は、天皇・皇后・皇太后・太皇太后の敬称を「陛下」と定める。さらに、退位特例法により上皇・上皇后も「陛下」である。そうするとプラカードの「陛下への侮辱」とは、現在の「天皇・皇后・上皇・上皇后」のいずれかへの侮辱ということになるが、映像作品に写し出されたコラージュの肖像は「昭和天皇」であった。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS