Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

巨人・原監督 敗因を分析「青木一人にやられているね」今季初サヨナラ負け

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「ヤクルト6-5巨人」(25日、神宮球場)  驚異的な粘りで九回に同点に追いついたが、最後は力尽きて今季初のサヨナラ負け。巨人・原辰徳監督は「やっぱりマークしているけど、青木一人にやられているね」と敗因を分析した。 【写真】九回、マウンドでげきを飛ばした原監督  先発予定だったサンチェスが試合前練習中に右肩に違和感を訴え、急遽登板を回避。代役としてマウンドに上がった沢村は、1点リードの初回に青木に逆転2ランを献上。その後は四回途中4安打2失点と奮闘したが、快投とはいかなかった。  右腰の違和感で前日の試合を途中交代したパーラは、この日ベンチを外れた。打撃好調の大城もコンディション不良で欠場。指揮官は助っ人右腕について「何日間かで投げられるという環境ではないだろうね」と説明し、登録抹消が決まった。  2位・ヤクルトとのゲーム差は2・5に接近。まだ距離はあるが、故障者続出となれば…首位も危うくなる。

【関連記事】