Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

男性死亡の傷害致死事件 コロナ感染への“誹謗中傷”がトラブルの一因か 容疑者の言動で「けんか」に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NBS長野放送

長野県上田市で起きた傷害致死事件で、新型コロナウイルス感染者への言動がトラブルの一因となったとみられることが関係者の証言で分かりました。 傷害致死の疑いで21日送検された市内の自営業・久保田信次容疑者(42)は、20日未明、上田市中央の路上で、藤井信康さん(50)の顔を殴って死亡させた疑いが持たれています。 その場に居合わせた関係者などによりますと、久保田容疑者は当時、飲食店で藤井さんと藤井さんの親族の男性などと酒を飲んでいました。その際、新型コロナウイルスへの感染歴がある親族の男性に対し、久保田容疑者が誹謗中傷するような言葉を浴びせたり、男性の服を引っ張たりしたため、けんかとなり、仲裁しようとした藤井さんが殴られたということです。 警察が詳しい経緯を調べています。

長野放送

【関連記事】