Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

金井勇太、バイプレーヤーとしての“普通力” 『MIU404』スパイダー班として堅実な仕事ぶり

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 金曜ドラマ『MIU404』(TBS系)に登場する魅力あふれるキャストの中でも、糸巻貴志を演じる金井勇太の存在は独特で面白い。W主演の綾野剛と星野源が所属するのは、架空の臨時部隊「警視庁刑事部・第4機動捜査隊」で、あくまでも初動捜査を担当している。勤務は24時間制で、タイムリミットが過ぎれば専門の課に捜査を引き継ぐ。 【写真】謎の男として『MIU404』にサプライズ登場した菅田将暉  金井演じる糸巻は、「警視庁刑事部・第1機動捜査隊」のスパイダー班の班長。防犯カメラの映像解析やSNSのリアルタイム監視ほかWEB分析など、24時間というタイムリミットが設定された中で事件の核心に迫る映像やSNSに漂う重要なキーワードをピックアップする役割を果たす。  説得力のある演技で事件解決へと一気に流れを変えるおいしい役柄でも、決してでしゃばりすぎることはない。かといって地味になりすぎるわけでもなく、金井勇太はバイプレーヤーとして絶妙なポジションをキープしているように思われる。  星野源と金井勇太といえば、2004年公開の映画『69 sixty nine』を思い浮かべる人もいるだろう。1987年に刊行された村上龍の自伝的同名小説を李相日監督がメガホンを取り、宮藤官九郎の脚本で映画化。1969年の佐世保の高校を舞台に、矢崎剣介(妻夫木聡)と山田正(安藤政信)、岩瀬学(金井勇太)らの青春を描いた作品で、高校をバリケード封鎖したり、フェスティバルを開催しようと奔走する彼らの学生生活が綴られる。  妻夫木演じる主人公のケンや、安藤演じるケンの親友でイケメンで頭のいいアダマは学校でも目立つ存在だが、その2人には距離を感じつつ、それでも仲間でいたいという、最も説得力を発揮する“普通の男子高校生”イワセを金井勇太は演じていた。  ドラマ、映画とさまざまな作品に出演し続けている金井だが、デビューは1998年公開の映画『ズッコケ三人組~怪盗X物語~』で一般公募オーディションにより、主役デビュー。2000年には山田洋次監督の映画『十五歳 学校IV』で主役の川島大介を演じて第24回日本アカデミー賞新人賞を受賞するなど、30代半ばにして20年以上もキャリアを積んでいることになる。  捜査の第一線で活躍する刑事から凶悪犯まで、演技の振り幅は大きく、誠実で常識的な人物を演じたときは、視聴者に何とも言えない安心感を与えるから不思議だ。2014年放送のNHK連続テレビ小説『花子とアン』では主人公の花子(吉高由里子)の妹、もも(土屋太鳳)の結婚相手である益田旭を演じ、2019年放送の『まんぷく』では萬平(長谷川博己)が融資し、開発に手を貸した織田製作所の織田正役だった。萬平の中でくすぶっていた発明家魂に火をつけた真面目な仕事ぶりも、妙に印象に残っている。  また、忘れられないのが、2010年放送のドラマ『ギルティ 悪魔と契約した女』(関西テレビ・フジテレビ系)で演じたジャンキーな殺人鬼・溝口猛役だ。控えめで優しい常識人として存在を際立たせるというのも難しいが、規格外の悪役に挑み、説得力をもたせるというのもまた容易なことではないだろう。  気づくと、あの作品のあの役も、この作品のこんな役も……と、途切れることなく活躍し続ける俳優、金井勇太。『MIU404』に登場する豪華ゲストが毎週話題になるが、主演2人を支えるその堅実な仕事ぶりにも注目しておこう。

池沢奈々見

【関連記事】