Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

44.75インチの小ぶりヘッドでフェードを打つ! アイアンはスチールシャフトで4番から! 復活・渡邉彩香のクラブセッティング

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

1993年生まれ、静岡県出身の渡邉彩香(わたなべ・あやか)。2020年ツアー開幕戦で5年ぶりの復活優勝を遂げ、ツアー4勝目を挙げた。そんな彼女の選ぶ14本のクラブとは? 渡邉彩香のセッティングはコチラから

女子プロ随一のパワーフェードを生むクラブ選び

「アース・モンダミンカップ」で5年ぶりの優勝を果たした渡邉彩香。その復活に重要な役割を担っていたのが、このドライバーだ。 「自分の理想は、つかまえながら左に出した球が目標に向かって戻ってくるフェードで、その球を打つには小ぶりのヘッドがいいんです。大型がヘッドはポワーンとした打ち方になるけれど、小さなヘッドは“シュッ”とシャープに振れるので、球がつかまる感じがするんです」 このドライバーを使いだした2016年くらいから調子は下降気味になったが、替えることはしなかった。 「ちょっとつかまる感じのフェース向きや、強い球が出るぶ厚いディープフェース。今どきの反発系の高い音ではなく、低めのインパクト音も好みです。なによりシャープに振れる小ぶりのヘッドが気に入っていて、替えられないですね」 左サイドが怖くて球が右に出るようになった2017年からは、45.25インチを44.75インチにカットして、体の近くをよりシャープに振れるように調整して理想のフェードにこだわった。 渡邉はユーティリティやショートウッドではなく、ロングアイアンにこだわる。 「アイアンはキレで振っていけるので、“自分の振り感”とマッチしやすいんです。2年前から4・5・6番を球が楽に上がるポケットキャビティにしました」 フェードとクラブにこだわり、復活を遂げた渡邉はシードを狙う。 週刊ゴルフダイジェスト8/11号「pro's spec」より。撮影/岡沢裕行 【渡邉彩香の14本】 1W:ツアーB J015(9.5度、ツアーAD PT-6 、硬さ:X) 3W:ツアーB XD-F(15度、ディアマナ DF60、硬さ:X) UT4:ピン G410(22度、ディアマナ DF60、硬さ:X) 4I~6I:ツアーB X-CBP(モーダス 105、硬さ:S) 7I~PW:ツアーB X-CB(モーダス 105、硬さ:S) AW:ツアーB XW-1(48・52度、モーダス105、硬さ:S) SW:ツアーB XW-B 無限(58度、モーダス105、硬さ:S) PUTTER:グリッドデザイン プロトタイプ

週刊ゴルフダイジェスト

【関連記事】