Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自家焙煎にインスタ映え…「スタバに勝った喫茶店」の切り札

配信

SmartFLASH

●サザコーヒー本店(茨城・ひたちなか)  コーヒー+アルファで勝負する店がある一方で、コーヒー豆や、コーヒーの味に徹底的にこだわって人気を博す店もある。  コロンビアに自社農園を持つ、茨城発の「サザコーヒー」は、世界で最も高価なコーヒー豆のひとつ「パナマ・ゲイシャ」や、徳川慶喜ゆかりの「徳川将軍珈琲」などを扱い、店舗によっては、周辺のスタバの売り上げを凌ぐこともあるという。 「うちは、焙煎とコーヒー豆の卸が出発点。喫茶の売り上げを、コーヒー豆の売り上げが、圧倒的に上回っているのも特徴です」(鈴木太郎副社長)  毎年その年ベストの「パナマ・ゲイシャ」を落札している鈴木副社長の、豆にかける思いは熱い。 【SHOP DATA/サザコーヒー本店】 ・住所/茨城県ひたちなか市共栄町8-18 ・営業時間/10:00~20:00(喫茶スペースは19:30まで) ・休み/年中無休

●ピースコーヒー 茂原店(千葉・茂原)  スタバの日本1号店が銀座に出店した1996年。コーヒー好きが高じて、千葉県茂原市で創業した「ピースコーヒー」も、自家焙煎と豆にこだわっている。  安くても1杯の市場の相場が700~800円するスペシャルティコーヒーのみを提供しているが、「ピースコーヒー」はそれを、驚きの300円均一で提供する。このコスパのよさも相まって、茂原市に3店舗、千葉市、東京にも店を構える人気店だ。 「原価でコーヒー豆を提供できるぶん、やろうと思えば、それを儲けに転じさせることはできます。ただ私としては、開業当初にお客様が来なくて苦い思いをしたので、安くできるぶんはお客様に還元して、長くお店に通っていただきたいんです」(大石誠オーナー) 【SHOP DATA/ピースコーヒー 茂原店】 ・住所/千葉県茂原市茂原15-5 ・営業時間/8:30~22:00 ・休み/年中無休

●ヒロコーヒー 伊丹いながわ店(兵庫・伊丹)  北大阪エリアと兵庫県で19店舗を展開する「ヒロコーヒー」。焙煎工房を併設する「伊丹いながわ店」では、挽煎したての豆をその場でパックして発送し、受注生産で「当日焙煎、当日発送」を実現している。年2回あるコーヒー豆のセールの日は、2日間で8tもの豆が売れるという。 「工房には、コーヒーの豆の品質を格付けできる資格を持つスタッフが、3名常駐しています。手間と労力をかけて提供させていただくオリジナルのコーヒーを、ゆっくり味わって飲んでいただきたいですね」(同社の大橋良美さん) 【SHOP DATA/ヒロコーヒー 伊丹いながわ店】 ・住所/兵庫県伊丹市北伊丹5-15-1 ・営業時間/8:00~22:00(LO21:30) ・休み/元日 ●弘大カフェ 成田専蔵珈琲店(青森・弘前)  地域密着で盛況を呈する喫茶店はまだまだある。青森県弘前市の「成田専蔵珈琲店」は、弘前にコーヒー文化を浸透させた立役者として、地元民からの信頼も厚い店だ。  地元自治体のラブコールでスタバが出店すると、オーナーの成田専蔵氏は、それに対抗する心意気で、弘前大学構内に「弘大カフェ」を出店した。  弘大の構内にある同店舗は、大正14年に建てられた登録有形文化財を使っている。いまや「コーヒーを飲むなら弘大カフェ」と、地元では知らない人がいない人気店となっている。 【SHOP DATA/弘大カフェ 成田専蔵珈琲店】 ・住所/青森県弘前市文京町1 ・営業時間/10:00~19:00(LO18:30) ・休み/木曜日 ●カフェタナカ 本店(愛知・名古屋)  モーニング文化が盛んな喫茶王国・名古屋の老舗「カフェタナカ」は、2019年に理想のショコラを求めて、アフリカのサントメ島に、カカオの自社農園を開設。 「パリで腕を磨いたパティシエールによるカフェメニューや、本格スイーツが味わえる店です」(水野貴之専務)  スタバ一強のなか、勝ち残る喫茶店には、店側のコーヒー愛と、地元民の店愛が溢れている。 【SHOP DATA/カフェタナカ 本店】 ・住所/愛知県名古屋市北区上飯田西町2-11-2 ・営業時間/平日9:30~19:00(LO18:30) 、土日8:30~19:30(LO19:00) ・休み/年中無休 (週刊FLASH 2020年4月21日号)

【関連記事】