Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自家焙煎にインスタ映え…「スタバに勝った喫茶店」の切り札

配信

SmartFLASH

「現在、日本のカフェ業界は全国に1530店舗(2019年12月時点)を展開する『スターバックス』の “一強” 状態。喫茶店は、年々、減少傾向にありますが、そんななかでも地域に根差して、スターバックスをしのぐほどの喫茶店も存在します」  そう語るのは、カフェ業界の事情に詳しい経済ジャーナリストの高井尚之氏。  言うまでもなく、スタバに勝っているのは「その店にしかない何か」があるからだ。今回、本誌はスタバをしのぐ7軒の喫茶店について、その「何か」を探る。 ●黒田珈琲(東京・祖師ヶ谷大蔵)  まずは、東京・祖師ヶ谷大蔵にある「黒田珈琲」。グルメ誌などで必ず紹介されるのが、同店のホットケーキだ。これ食べたさに訪れる人が、跡を絶たない。 「ホットケーキのシロップは自家製で、素朴さにこだわっています。多いときは、70枚出た日もあります。  私たちのような個人経営の喫茶店が、祖師ヶ谷大蔵のような住宅地で、コーヒーだけで勝負するのは厳しい。だからこそ、パンやシチューなど、フードの味には妥協はしていません」(黒田康裕店主)  絶対的な看板メニューの存在は、リピーター獲得のための大きな要素なのだ。そのほかにも同店では2カ月に1度、1冊の本を題材に10~20名が集まって感想を述べ合う読書会など、喫茶店では珍しい催しも開催する。 【SHOP DATA/黒田珈琲】 ・住所/東京都世田谷区砧6-37-5 ・営業時間/9:00~18:30(LO18:00) ・休み/年中無休

●珈琲 王城(東京・上野)  喫茶店激戦区・上野で勝ち抜いてきた「珈琲 王城」。じつはアメヤ横丁などがある上野6丁目の中心エリアは、同店の存在もあり、スタバの路面店がない “空白地帯” である。 王城は、45年前の創業時から味の変わらないスパゲティや、そのボリュームに圧倒されるパフェなど、フード類を支持する常連が多い店だ。「古きよき昭和」を思わせる、レトロな空間も趣きたっぷりだが、近年、意外な形で新たな顧客が増えたという。 「創業時から出しているクリームソーダや、いちごミルクが『色み的にインスタ映えする』ということで、若い女性のお客様が連日お見えになります。いまや客層の3~4割は若い女性のお客様ですね」(玉山さん)  昔と変わらぬ、懐かしい味の継続。それが「黒田珈琲」と「王城」の共通点でもある。 【SHOP DATA/珈琲 王城】 ・住所/東京都台東区上野6-8-15 ・営業時間/8:00~21:30(LO21:00) ・休み/不定休

【関連記事】