Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

楽天期待の捕手・堀内、西武の鈴木を筆頭に強打者揃いだった2015年静岡戦士たちのその後を紹介

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校野球ドットコム

選抜大会、選手権大会の開催が中止となり、高校球児だけでなく、高校野球ファンものショックは大きかったのではないか。そこで、これまで甲子園を盛り上げたチームの選手のその後を紹介していきたい。 【動画】身長192センチの大砲やプロの弟など...この夏見たかった全国の隠れた逸材野手をピックアップ【東日本野手編】  今回は2015年甲子園に春夏連続出場、春は8強入りを果たした静岡の主力選手たちのその後を紹介したい。この世代の静岡ナインといえば、強打者ばかりだった。 投手 村木 文哉 2年(筑波大) 投手 村松 遼太朗 3年(立正大) 投手 松田 翔真 3年(関西学院大) 捕手 堀内 謙伍 3年(東北楽天) 捕手 丹治 崇人 2年(名古屋商科大) 内野手 平野 英丸 3年(駒沢大-JR東海) 内野手 大石 智貴 3年(法政大<準硬式>) 内野手 安本 竜二 3年(法政大-JX-ENEOS) 内野手 三瓶 慎也 2年(中京大) 内野手 赤堀 史弥 2年(国学院大) 内野手 鈴木 嘉基 2年(創価大) 外野手 鈴木 将平 2年(埼玉西武) 外野手 内山 竣 3年(明治大-Honda鈴鹿) 外野手 内村 杏輔 3年(国学院大<準硬式>) 外野手 鈴木 太郎 3年(早稲田大)  東北楽天に4位指名を受けた堀内 謙伍は、昨シーズン、チーム最多の52試合で先発マスクを被った。オフには右肘関節鏡視下クリーニング手術を行い、今季は万全の状態で開幕に挑む。   U18日本代表入りを果たした鈴木 将平は埼玉西武に4位指名を受け入団。昨季4月3日の千葉ロッテ戦で代走として一軍デビューを果たし、16試合に出場。今季、飛躍に期待がかかる。  駒沢大に進学した平野 英丸は、4年時は副将を務め、4番・三塁手としてチームを牽引。学生最後のリーグ戦ではベストナインを受賞した。大学卒業後はJR東海で社会人野球の道に進む。  安本 竜二は法政大に進学。2年春からリーグ戦に出場し、通算29試合に出場。通算打率.296を記録し、2019年春にはリーグ戦タイ記録となる5試合連続本塁打を達成するなど、ベスナインを受賞した。大学日本代表も経験し、今季からJX-ENEOSでプレーしている。  2015年夏の静岡大会では1試合2本を含む3本の本塁打を放った内山 竣は明治大に進学。大学ではリーグ戦通算40試合に出場し、打率.284を記録。大学卒業後はHonda鈴鹿に進んだ。  2名がプロ入りを果たした2015年の静岡ナイン。今後の活躍にも注目していきたい。 ※記事の掲載者、掲載者の現所属、記録の事実につきましては報道各社発表の新聞記事、各野球連盟が発表する大会記録、各チームの所属調査、関係者取材により確認ができたものより掲載をしております。そのため、この情報が全ての情報ではなく、情報の一部となりますことご了承ください。

【関連記事】