Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

BTS、日本で4枚目のアルバム…韓国では「日本語で歌わないで」と国や事務所に抗議が

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

 それにもかかわらず、日本でだけは日本語バージョンのアルバムをリリースし続けている。反日感情を持ったファンの事務所代表への不満はそこにある。  実は、BTSだけでなく少女時代、KARA、東方神起、EXOなども日本語バージョンのアルバムをリリースしてきた。これについて韓国の専門家は「日本の音楽市場は韓国の市場よりずっと大きいため、日本現地攻略のためには避けられないから」と分析している。音楽評論家のイム・ジンモ氏はマスコミのインタビューで、「韓国歌手が日本市場に進出するために日本語版の歌を作ることは必須で、韓国だからこそ可能な積極的な攻略方法だ」と評価した。大衆音楽評論家のヒョン・ヒョン氏も、「西欧音楽以外のアジア音楽に無関心な日本大衆の視線を引くため、日本語バージョンを出すことには選択の余地がなかっただろう」と強調している。

大統領府宛に、「日本に文化的屈従をするようになる」と書き込み

 実際、国際アルバム産業協会(IFPI)の調査によると、2016年の日本の音楽市場規模は27億4590万ドル(約2949億円)で、米国に次ぐ世界2位。3億3010万ドル(約354億円)で8位の韓国との差は歴然。地理的に近く、似たような大衆文化を持つ日本市場で、より高い収益を生み出すためには日本語による現地化戦略は欠かせないというわけだ。  韓国や米国などほとんどの国で絶えてしまった「CDアルバムを購入する文化」は日本にまだ残っており、実際、日本のCD販売数は世界1位を記録している。所蔵価値の高い限定版CDであればあるほど販売数が見込めるし、握手会のようなイベントを通じてさらにCD販売数のアップにつながる。

 日本の音楽市場でCDはストリーミング、ダウンロードよりもはるかに大きな比重を占めている。日本レコード協会(RIAJ)によると、2019年の市場規模2997億6000万円のうち、CDは68.9%。クリック数による広告単価などを受けとるストリーミング、1曲当たりの著作権料が策定されるダウンロードより、1枚当たり3000円程度のCD販売は効率的な収益確保が可能な構造である。  このような現地化戦略の背景を知っているか否かは別にして、韓国人の一部は、BTSが日本語で歌を歌うことに対して遺憾を表明してきた。KポップがJポップを抑えてアジアの大衆歌謡の象徴にならなければならない重要な時期に、その代表走者であるBTSが日本語の歌を歌うのは正当ではないというわけだ。あるユーザーは「日本語バージョンアルバムには韓国アルバムにない歌がある」とし、「グローバル海外ファンのために英語バージョンの歌を歌わないBTSが、日本語バージョンの歌だけを歌うのは残念だ」と話す。

【関連記事】