Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

BTS、日本で4枚目のアルバム…韓国では「日本語で歌わないで」と国や事務所に抗議が

配信

デイリー新潮

反日感情を持った韓国のアーミーは

 世界的なアイドルグループ、BTSが7月15日、2年3か月ぶりに日本で4枚目のフルアルバムをリリースした。今回のアルバムには、メンバーが作曲に参加したり、ヒット曲の日本語バージョンが収録される。プロモーションのため、13日からメンバーは日本の番組に韓国から連日リモート出演。世界で売れに売れても日本語で歌うなど、イル活(日本で活動)中のBTSに、韓国では「日本語の歌を歌うのは売国行為」という声が上がっているという。冷え込んだ日韓関係にBTSが巻き込まれた格好だ。 【写真】世界を魅了するBTSのセンス

 今回のアルバムのタイトルは「MAP OF THE SOUL:7 ~THE JOURNEY~」で、日本オリジナルの2曲が新録される。1つは田中圭主演ドラマ「らせんの迷宮~DNA科学捜査~」(テレビ東京)の主題歌で、「この世界はいいことばかりじゃないけれど、君のその輝きを失わないで」というメッセージが込められた「Stay Gold」。そしてもう1つは、映画「きみの瞳が問いかけている」(出演:吉高由里子、横浜流星、監督:三木孝浩、公開:10月23日)のテーマ曲に選ばれた「Your eyes tell」。メンバーのジョングクが作曲に参加している。  さらにこのアルバムには、ヒット曲「ON」「Black Swan」「Make It Right」「Dionysus」の日本語バージョンも収録。また、日本レコード協会・ゴールドディスクからミリオン作品の認証を受けた「Lights」と「Boy With Luv」や、日本現地でのみ発売される新曲2曲も追加し、計13曲で構成される。

 BTSは2014年6月4日、シングル「ノーモア・ドリーム」を発売して日本デビューを果たし、同年12月24日、日本で1枚目のアルバム「WAKE UP」を通じて本格的な活動に突入した。2018年4月に3枚目のアルバム「FACE YOURSELF」を出し、バラエティ番組の出演、シングルアルバムの発売、巡回コンサート、ファンミーティングなど、様々な活動を続けてきた。  BTSは米国に進出する時も英語の正規アルバムを発売しなかったが、日本でだけは日本語の歌詞で構成されたアルバムを発売している。これに反日感情を持った韓国のファンの一部は絶えず問題提起をし、「日本語の歌詞の歌を歌わないでほしい」と主張してきた。  BTSはアメリカや海外の市場に進出し韓国語のアルバムをリリースしてきた。所属事務所であるビッグヒットエンターテイメントのパン・シヒョクは過去のンタビューで、韓国語アルバムでの海外進出について、「(BTSが)米国で英語の歌を歌うことはない」「米国進出のために、英語の歌を発表するのは私たちのやり方ではない」としたうえで、「Kポップ歌手たちに英語を教え、米国の会社と契約するのはすでにKポップではないと思う」と説明している。

【関連記事】