Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「Twitterをやっていると、右に寄るか左に寄るかでしか生きていけないのではないかと感じる」玉木雄一郎代表が訴える新・国民民主党の“対決より解決”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 国民民主党と合流した新「立憲民主党」が結党、枝野幸男代表の下、およそ150人の議員が集結した。一方、「立憲民主党と新たにできる新党には加わらない」と述べ、15日に再スタートを切ったのが、新「国民民主党」の玉木雄一郎代表だ。 【映像】“対決より解決“新生国民・玉木代表に聞く  “批判ばかりの野党”という批判もある中、玉木代表らの路線、モットーは“対決より解決”。「何かをしないために力を注ぐのではなく、何かをするために力を注がなければ、国民の共感は得られなくなっていく」と訴えている。

■「“これはダメ、あれもダメ”ということばかりを言う党になってしまった」

 結党大会直後、『ABEMA Prime』に出演した玉木代表は、「私は2005年に最初の選挙で落選し、2回目の2009年に初当選した。当時の民主党は良くも悪くも“変えたい”、“あれもしたいこれもしたい”という“政策リッチ”で、子ども手当、高速無償化、農業者戸別所得補償など、色々なことを打ち出していた。しかし2012年に野党に転落してからは、“これはダメ、あれもダメ、あれはしない、これもしない”ということばかりを言う党になってしまった」と振り返る。

 さらに、旧民主党について「民主党政権が間違っていたことの一つに、役人を敵と見なし、叩きまくったということがある。しかし政権を取れば、役人の人たちは目標に向かって一緒に頑張っていく部下になる。その部下を叩いて評価を上げるような上司がいる会社はダメだ。彼らには彼らなりの考えもあるし、別に悪いことをしようとして悪いことをしているわけではない。政治家と役人がコミュニケーションし、うまく役割分担しながら答えを見つけていくという関係が築ければいい。私が野党になってからも、彼らは色々な情報やアドバイスをくれる。本当はやりたくないという政策があったり、あるいはやりたいけれど与党ではできない政策があったりすることを教えてくれる。そういうことが無くなったのも、旧民主党が弱まった原因の一つだと思う」と指摘。  その上で、「仮に間違っていたり、批判を浴びたりしたとしても、“こうしたいんだ”ということを言わないと意味がない。その確信を得たのがコロナ対策だ。私は通常国会で菅長官にも色々なことを申し上げてきたし、提案もした。例えば10万円の定額給付金は、私が最初に国会で言ったものだ。最初は野党からも公明党からもけちょんけちょんに言われたが、結果的には実現した。家賃補助についても、最初に法案を出したのは国民民主党だ。誰も答えがわからない危機的な状況においてはケチつけるのではなく、与党・野党や議員・官僚に関係なく思いついたアイデアをやっていったらいい。そういう考えに共鳴してくれた15人の仲間と、新たな国民民主党を結党したということだ」と説明した。

【関連記事】