Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

錦織 9年ぶりノーシード「厳しい」「ひじは冷たい気候で少し痛む」<全仏オープン>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
tennis365.net

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は27日、男子シングルス1回戦が行われ、世界ランク35位の錦織圭が第32シードのD・エヴァンス(イギリス)を1-6, 6-1, 7-6 (7-3), 1-6, 6-4のフルセットで破り、6年連続9度目の初戦突破を果たした。全仏オープンに2011年以来9年ぶりにノーシード(2012年は欠場)で出場している錦織は会見で「シードでないことは厳しい。早い段階でシード選手と対戦してしまう」と語った。 【錦織ら全仏OP対戦表】 錦織は右ひじの負傷、新型コロナウイルスを乗り越えて、今月のジェネラリ・オープン(オーストリア/キッツビュール、レッドクレー、ATP250)で復帰。BNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)では復帰後初勝利をあげた。 「僕は1年間プレーしていなかった。まだランキングが30位台なのは幸運。プレーできていることに感謝しているし、ここを楽しんでいる」 「ひじは、ほぼ100パーセントの状態だと思う。でも、この冷たい気候では少しだけ痛む。そこまで悪くはない。手術から時間は経っているし、リハビリもうまくいった。コロナウイルスに関しては、運のいいことに症状もなかった。だから大丈夫だと思っている」 2回戦では、世界ランク74位のS・トラヴァグリア(イタリア)と対戦する。トラヴァグリアは1回戦で同51位のP・アンドゥハル(スペイン)をストレートで下しての勝ち上がり。 その他の日本勢では、世界ランク52位の西岡良仁は第19シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)、同94位の杉田祐一は第28シードのC・ルード(ノルウェー)、同95位の内山靖崇は同87位のA・バラズ(ハンガリー)と1回戦で顔を合わせる。 今大会の第1シードはN・ジョコビッチ(セルビア)、第2シードはR・ナダル(スペイン)、第3シードはD・ティーム(オーストリア)、第4シードはD・メドヴェデフ(ロシア)、第5シードはS・チチパス(ギリシャ)、第6シードはA・ズベレフ(ドイツ)、第7シードはM・ベレッティーニ(イタリア)、第8シードはG・モンフィス(フランス)。

【関連記事】