Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

世界よ、うらやましいか! 海外展開すればバカ売れ必至の日本専売車5モデル

配信

WEB CARTOP

2列シートのコンパクトなスライドドア車は日本ならでは!

 経済のグローバル化が進んでいる。自動車業界では、かつては世界戦略車や世界中で販売されるクルマをグローバルモデルなどと呼んで特別視していたが、いまではグローバルモデルであることは当然となりつつある。 【写真】海外でしか売ってない国産メーカーの激熱クルマ5台!  そのため日本専売モデルというのは、そのほとんどが軽自動車だったりするのだが、軽自動車のなかにも、660ccエンジンのまま売られているケース(スズキ・アルト)もあるし、ボディはそのままに排気量を上げて海外展開しているモデル(軽トラなど)もある。  その意味では、純粋な国内専用車というとかなり条件が厳しくなるのだが、ここでは可能な限り国内専用といえるモデルから海外市場でも支持されそうな5モデルをピックアップ。その魅力を紹介していこう。

1)ダイハツ・トール/トヨタ・タンク/ルーミー/スバル・ジャスティ

 まず、日本市場の特徴というとスライドドアのモデルが多いことだ。多くは商用バンでしか見ないスライドドアは、海外ではミニバン(3列シート)の乗降性を確保するために採用されるといった傾向にある。なにしろヒンジドアに比べてコストアップしてしまうので、2列シートのコンパクトカーでスライドドア、まして電動タイプなど使うのは贅沢なのだ。  しかし、日本では2列シートのコンパクトカーでもスライドドアを採用した例は多い。日本一売れているモデル、ホンダN-BOXしかり、軽自動車でいえばハイトワゴン系のダイハツ・ムーヴキャンバスという背の低いスライドドア車の例もある。  そして、スライドドアの2列シート車で、世界でも通用しそうと思えるのがダイハツ・トール、トヨタ・タンク/ルーミー、スバル・ジャスティの4兄弟だ。このサイズのスライドドア車といえば、海外では小口配送の商用車というイメージだろうが、完全に乗用車然としたルックスに、豊富なシートアレンジや高いユーティリティを実現した室内。何より1リッターターボエンジンによる、リニアでパワフルな走りは速度レンジの高い海外でも通用するだろう。  日本でスライドドアが広まっている理由のひとつに、チャイルドシートに子どもを乗せやすいというメリットもある。こうしたスライドドアのコンパクトカーを「チャイルドシートを考慮したデザイン」として海外に広めれば、世界中の子どもたちの安全性も向上するかもしれない。

【関連記事】