Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

舘ひろし、夢は「良い映画を撮って墓前に報告」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サンケイスポーツ

 俳優、舘ひろし(70)が、所属する石原プロモーションの相談役で俳優、渡哲也さん(享年78)が8月10日に死去したことについて月命日を迎えた10日、心境を初告白した。渡さんは自身を同社入りに導いた恩人で「人生の師」と感謝。6日に石原軍団の神田正輝(69)らと墓参りしたと報告し、「来世があれば再び渡哲也の舎弟でありたい」としのんだ。同社は来年1月に事実上解散となるが、俳優業の継続を改めて約束した。  石原プロは来年1月16日から業務縮小となり、舘らのマネジメントは同3月31日で終了。7月のイベントで「渡についていく」と語っていた舘は、現在の心境について「渡ならどうするかをいつも考える」とした上で「考え中ですが、渡なら一人でやれよと言うかも」と独立を示唆。さらに「渡と2人で対決する映画を作りたかった」とも明かし、「将来は良い映画を撮って墓前に報告するのが夢」と目標を掲げた。監督業については「その才能はない」と謙遜。プロデュース業進出への期待もかかる。

【関連記事】