Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

桐生祥秀100m6年ぶりVも…10秒27平凡タイムで遠のくサニブラウンの背中

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

 注目の100メートルを制したのは桐生祥秀(24=日本生命)だった。2日に陸上・日本選手権男子100メートル決勝で6年ぶり2度目の優勝。期待された9秒台は出ず、10秒27に終わったものの、「勝ち切れたのは大きいけどタイムはまだまだ」と安堵の表情を見せた。  日本選手権へ向け、スタートを改良し、左右の足幅を広げることで、低く、鋭く出るようにしていた。しかし、最大のライバルである9秒97の日本記録を持ち、昨年の100、200メートルの2冠を達成したサニブラウン・ハキーム(21=タンブルウィードTC)は、新型コロナウイルスの影響で米国からの帰国に制限がかかることもあり、出場を見送っている。  スポーツライターの高野祐太氏は「今年の日本選手権が来年の東京五輪出場に直結しないこと。選手は五輪本番の来年にピークを合わせ、けが防止が最優先という前提がまずありますが……」としながら、こう続けた。 「今季、10秒0台を4度出していた桐生や10秒03を出して上昇気流に乗ったケンブリッジ飛鳥(27=ナイキ)に注目していましたが、気温や風など、条件が悪かったことは考慮しなければなりませんが、10秒27と10秒28は少し物足りませんでした。ともに今季の10秒0台につながった後半の伸びを出し切れなかったように見えました。来年の東京五輪では9秒台を出して決勝に残るという大きな目標に照らせば、本命のサニブラウン不在の中、後続から抜け出すくらいの争いで9秒台、まずは10秒1台前半が欲しかった。今日の走りに限っては、目標達成にはさらなるスケールアップが望まれます」  サニブラウンの背中が遠のく日本一となった。

【関連記事】