Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

再び朝ドラ『エール』第39回(8月12日)・誰のために作るのか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Lmaga.jp

収録が一時中断したことで、再放送が続いている連続テレビ小説『エール』。第39回(8月12日放送)では、妻の音が主人公・裕一のことを思ってある行動に出る。 【写真】久志と2人で食事をとる裕一 なかなか曲が採用されず自信を失くす裕一(窪田正孝)。妻の音(二階堂ふみ)は色々と考えた末に、書き置きを残して豊橋の実家に帰ることにする。 豊橋に戻った音は母の光子(薬師丸ひろ子)や姉・吟(松井玲奈)と妹・梅(森七菜)、そして吟の婚約者・鏑木智彦(奥野瑛太)に現状を相談。 家族たちから、以前は音のために曲を作っていた裕一を思いかえし「誰かのために作っていないからうまくいかないのでは?」と言われた音は・・・。 再放送・第37から42回までは、裕一の母・古山まさ(菊池桃子)が副音声を担当。8月も再放送は継続し、放送再開時期は状況を見ながら検討するという。

【関連記事】