Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

吉野家、赤字57億円 8月中間、コロナ影響で特損

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
共同通信

 吉野家ホールディングスが9日発表した2020年8月中間連結決算は、純損益が57億円の赤字(前年同期は18億円の黒字)となった。赤字幅は00年の東証1部上場以来、8月中間決算として過去最大という。新型コロナウイルスの影響で不採算店舗の閉店などに伴う特別損失を計上したことが響いた。  売上高は大きく落ち込み、前年同期比23.4%減の819億円だった。  東京都内で記者会見した河村泰貴社長は「9月、10月も外食に顧客が戻ってきておらず既存店の動向は厳しい」と説明。固定費の削減を続けるほか、利益が伴うキャンペーンを積極的に打ち出すなどして、業績を回復させたいとした。

【関連記事】