Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

占い依存の36歳・独身美女「身も心もボロボロ」…破滅描く漫画に反響、社会の闇えぐる漫画家の気概

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 ウェブコミックで記録的なヒットとなった『ゴミ屋敷とトイプードルと私』で知られ、現在はコロナ禍におけるキャバ嬢たちの生き様を描く『胡蝶伝説』シリーズ最新作を連載中の池田ユキオさん。女性を取り巻く現代社会を鋭くえぐる衝撃作を次々と発表し、レディコミ界に新たな風を吹き込む気鋭の漫画家だ。少女漫画から転身し、「レディコミを盛り上げたい」と語る池田さんに、レディコミの明るい未来について聞いた。 【漫画】「ものすごくリアル…」36歳・占いに依存しすぎた女の異常な行動 ■「ぜんぜん売れない!」挫折を経てレディコミの世界へ ──少女漫画でデビュー後、なぜレディコミに転向されたのですか? 【池田ユキオさん】ぜんぜん売れなかったからです(苦笑)。少女漫画誌の新人コンテストで賞をいただいてデビューしたものの、私には少女漫画のセンスがなかったんですよね。何よりまず男性をカッコよく描くことができませんでした。 ──少女漫画は、「ヒロインの相手役をカッコよく描くこと」がヒットするセオリー? 【池田さん】ということに囚われてたんです。ちゃんと読み込めば、そういう少女漫画ばかりではないですから。だけど当時は「私には読者が恋するような男性が描けない、だから売れないんだ」と思い込んでいました。 ──女性を描くのは得意だった? 【池田さん】というか…好きでしたね。絵だけでなく、内容的にも女性の強さとかしたたかさを描くことが。ある編集者さんとの出会いがきっかけでレディコミ誌に描くようになったんですが、売れない漫画家だった私にどんどん仕事を回してくれたのも「女性が描ける」からだったのかな、と思ってます。 ──レディコミの世界観はいかがでしたか? 【池田さん】少女漫画で育ち、キラキラした世界に憧れてデビューした経緯もあって、初めて読んだときは「ひー!」と思いました(笑)。表紙からしてドロドロして怖くて…。私の絵柄でこの世界観にフィットする漫画が描けるのかな? という不安もありましたね。

【関連記事】