Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【予選ハイライト】王者狙うレッドブル・ホンダ3番手 メルセデスが1-2 フェラーリ大苦戦/F1オーストリアGP

配信

TopNews

F1オーストリアGP(2020年7月3日(金)~7月5日(日)決勝レース)が2日目を迎え、予選が行われた。天候は晴れ、気温25℃、路面温度54℃、湿度36%のドライコンディションの中で始まった。 ●【予選結果】2020年F1第1戦オーストリアGP予選Q1-Q2-Q3のタイム結果 ■予選Q1 18分間の予選Q1が始まると、まずニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)がコースイン。ラティフィはFP3で赤旗を出すクラッシュを喫し、ほとんど走行できなかったので周回数を重ねたいところ。パーツ交換など修復は間に合ったようだ。 予選Q1落ちはケビン・マグヌッセン(ハース)、ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)、アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)、キミ・ライコネン(アルファロメオ)、ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)だった。 ホンダF1は4台ともQ2へ進出した。 ■予選Q2 マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は一人だけ黄色のミディアムタイヤでコースイン。明日の決勝レースをミディアムタイヤでスタートして有利にレース運びをしたいという狙いだ。結局、フェルスタッペンはQ3進出に成功した。 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がまさかの11番手でQ2ノックアウトになってしまった。 Q2ノックアウトは、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)、ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)、エステバン・オコン(ルノー)、ロマン・グロージャン(ハース)だった。 ホンダF1はレッドブル・ホンダの2台がQ3へ進出した。 ■予選Q3 Q3が各チーム本当の実力を見せる時だ。 残り1分時点でのトップはバルテリ・ボッタス(メルセデス)が1:02.939だ。そしてモニターが映した出したのはそのボッタスがコースアウトしたシーンだった。ボッタスはグラベルの中を走行しながらコースに戻っていったが、ラストアタックでこれ以上のタイムアップは望めない。 しかし、ラストアタックでルイス・ハミルトン(メルセデス)はタイムアップならず2番手。フェルスタッペンもタイムアップならず3番手となった。 今季初GPの予選でポールポジションを獲得したのはバルテリ・ボッタス(メルセデス)だった。

【関連記事】