Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

九州に線状降水帯が形成 昼頃にかけて大雨に厳重警戒

配信

ウェザーニュース

 梅雨前線の影響で九州北部では今日25日(木)未明から記録的な大雨になっている所があります。厳重な警戒が必要です。  非常に湿った空気が流れ込んでいる九州北部では雨雲が帯状に発達し、各地に猛烈な雨を降らせ、五島市や新上五島町は50年に一度の記録的な大雨になっています。  活発な雨雲は線状降水帯を形成して九州本土にも広がり、6時までの1時間に長崎県佐世保で78.5mm、佐賀県伊万里で40.0mmの雨を観測、解析雨量では長崎県佐世保市付近で6時10分までの1時間に120mm以上の雨が降ったと見られ、記録的短時間大雨情報を発表しました。

昼頃まで大雨に厳重警戒

 少なくとも昼頃にかけては長崎県や佐賀県を中心とする九州北部に活発な雨雲の流れ込みやすい状況が続く見込みです。1時間に100mmに達するような猛烈や雨により、河川の氾濫や大規模な土砂災害などのおそれがあります。  6時20分現在、長崎県と佐賀県の広い範囲に土砂災害警戒情報が発表されています。最大限の安全を確保するようにしてください。

ウェザーニュース

【関連記事】