Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ライブ中継による参加型サスペンス。HOTEL SHE, KYOTOがオンライン・イマーシブシアターを5月に上演

配信

美術手帖

 京都の烏丸通に位置するホテル「HOTEL SHE, KYOTO」が、ホテルと演劇を重ね合わせた没入型シアター『泊まれる演劇』を企画。6月に初演を迎える予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、公演延期となった。  同作は、HOTEL SHE, KYOTOの建物全体を舞台に、宿泊客自身が物語の一役として真夜中のホテルを彷徨い歩く演目を予定していた。公演は延期となったが、同ホテルは、新たに作品の舞台をオンラインに移したイマーシブコンテンツ『泊まれる演劇 In Your Room』を制作。参加者は、自宅のパソコン・スマートフォンから、安心して演劇を鑑賞できる。  ホテル客室からの中継やフロアに仕掛けられた監視カメラの映像を組み合わせながら、インタラクティブに物語が進んでいくというこのコンテンツ。上演中、演者はリアルタイムで建物内を移動し、また参加者も鑑賞する画面を変えられる。まるでホテルの中を歩くように自由に視点を動かしながら物語を楽しめる、ユニークな映像体験となるだろう。  また、ライブ中継がおこなわれる各客室では、画面越しに演者が実際に参加者に話しかけてきたり、質問を投げかけてくることもあるという。こういった会話や、自宅・メールボックスに届く謎の招待状を手掛かりに、物語の裏に隠された真相に近づいていく参加型のサスペンス作品だ。  新たな脚本と演出を担当したのは、SCRAP所属のきださおりと、ミステリー作家の木下半太。主催者は、「この状況をただ悲観するのではなく、新型コロナウイルスの感染拡大の現況を鑑みて、新しいエンターテイメントのかたちを模索したい」と意気込みを見せる。演劇と考察、ライブ中継をカオスに融合させた斬新なオンラインエンターテイメントに注目が集まる。

【関連記事】