Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

佐々木希に安藤なつ…長年の友達を裏方起用する芸能人続出の背景

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FRIDAY

多目的トイレ不倫で芸能活動自粛中の『アンジャッシュ』渡部建(47)。現在は主夫状態で、妻の佐々木希(32)が家計を支えている。 【画像】キムタク、渡部建、小倉優子…あの人気芸能人の「幸せ家族」写真 「テレビの出演オファーが増えているという話もありましたが、メインは佐々木がプロデュースするファッションブランドの収益。渡部が活動自粛してからは、当該ブランドの服を着た佐々木の写真がSNSにアップされる機会が増えましたね」(ネットニュース編集者) 実は佐々木がファッションブランドに注力するのには理由がある。ファッション誌編集者が解説する。 「佐々木は地元・秋田でスカウトされて芸能界入りしているのですが、悩む彼女の背中を押したのが、バイト先のセレクトショップの店長Mさんでした。そのMさん、実は現在、人気スタイリストとなってファッション誌で活躍しており、佐々木のプロデュース業にもいろいろアドバイスしてくれているそうです。旧知のMさんの支えがあるから、自信をもって取り組めているわけです」 この編集者によれば、「佐々木の存在なくしてMさんは人気スタイリストになれなかった」という。 「デビュー後、たちまち売れっ子となった佐々木の撮影現場にMさんが頻繁についてきていたんです。最初は疎(うと)ましく思うスタッフもいたみたいですけど、鈴木えみ(34)ら佐々木のモデル仲間と親交を深め、彼女たちから指名される機会が増え、スタイリストとしての地位を固めていった。だからこそ、佐々木への協力は惜しまないわけです」 実はここ数年、Mさんのように、人気タレントの旧知の友が、裏方として芸能界で活躍するケースが増えている。 たとえば、お笑いコンビ『メイプル超合金』の安藤なつ(39)のスタイリストは、下積み時代に同居していた友人女性である。 「一緒に住んでいただけあって、安藤の好みを熟知。彼女のキャラを生かした衣装を手作りしてくれる。婚姻届の証人を頼むくらい、信頼していますよ」(バラエティ番組スタッフ) “日本一のグルメブロガー”、フォーリンデブはっしー(38)は今年3月末まで大手広告代理店の電通に勤務していたが、タレント業に専念するため独立した。 「電通が副業を後押しし、テレビ局が好んで彼をキャスティングしたのは、彼が『嵐』櫻井翔(38)と慶應義塾普通部(中学)時代からの友人だから――という声があります。いまでも飲み友だちで、櫻井が番組スタッフにプッシュすることもあるんだとか」(広告代理店関係者) 俳優の高良健吾(32)は、故郷・熊本の親友を所属する事務所に入れた。 「もともと、その親友は俳優として活動していたのですが、芽が出なかった。心配した高良が、所属事務所に頼み込んでマネージャーとして採用してもらったそうです。『友だちが自分の担当だと厳しさに欠ける』との理由で先輩の井浦新(45)についていますが、事務所と高良のパイプ役にもなっていて、重宝しているといいます。人当たりが良く、井浦がブレイクした裏に彼の存在があるともいわれている。見事にマネージャーとして花開いたのです」(映画会社関係者) まさに「持つべきものは友だち」か。 『FRIDAY』2020年9月4日号より

FRIDAYデジタル

【関連記事】

最終更新:
FRIDAY