Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

男性でも5割経験、職場でのセクハラ。セクハラ被害の実例と対処法

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

誰でも一度は聞いたことがあるセクハラ。多くの人が共に働く上に、はっきりとした立場の違いや力関係がある職場では、セクハラによる被害が一定数あるようです。 弁護士相談プラットフォーム「カケコム」を運営する株式会社カケコムは、勤務経験がある男女100名を対象に、「職場でのセクハラ経験に関するアンケート」を実施しました。調査の結果をご紹介しましょう。 【調査概要:職場でのセクハラ経験に関するアンケート】 調査日程 :5月22日~26日 調査方法 :インターネット 調査対象 :勤務経験がある方 調査人数 :100名 まずは、職場でセクハラを受けたことがあるかどうかをお聞きしました。

結果、約8割の方がセクハラを受けた経験があると回答しました。男女別でみた場合、女性は84.2%、男性は50.0%の方が、職場でセクハラを経験したことがあるという結果です。 この数字を見たとき、世の中にはまだこんなにセクハラにあっている人がいるのかと驚く方も多いのではないでしょうか。セクハラはまだまだ深刻な問題であることがわかりますね。 また世の中でも認識されている通り、セクハラといえばやはり女性の方が受けることが多いようです。しかし男性も、半数はセクハラを経験したとの回答をしており、女性だけの問題ではないことがわかります。 次に、セクハラを受けた方を対象に、具体的にどのようなセクハラ行為があったかをお聞きしました。大きく分けて4パターンの行為がありました。 【パターン1】性的な経験について聞いたり、卑猥な話をされた 回答者:女性 先輩の男性に「今日の下着の色は何色?」「彼氏としてるの?」と冗談の様に毎日聞かれていました。あまりにしつこく聞いてくるのでやめて欲しいと言うと「本気にして面白いね!」などと今度は冷やかしが始まり無視してもしつこく聞いてくるので本当に困っていました。 回答者:男性 女性の上司に職場で休憩時間などに経験人数や初体験の年齢、好きな体位等を聞かれたり、しつこく二人きりでの食事に誘われた。 【パターン2】身体を触ったり、抱きついてきた 回答者:女性 威圧的で有名な40代の男性上司から、お茶やコーヒーを入れる給湯室で2人きりになったときに、何度もお尻を触られました。 回答者:男性 女上司に酔っ払った勢いでキスをされたりハグをされました。 【パターン3】職場でヌードポスターを貼るなどして、就業環境を不快なものにする 回答者:女性 運送会社の事務アルバイトで、すれ違いざまにお尻を触るドライバーさん(40代くらい?)がいました。また、私の机の上に、スポーツ新聞の風俗記事ページをわざわざ広げて無理やり見せてきたりもしました。 回答者:女性 社内の飲み会のチラシに、自分と似た名前のセクシー女優さんと自分が重なるような文章を掲載して課内で配布されました。 【パターン4】自分の地位を利用して性的な言動をとる 回答者:女性 会社でたまに開かれる飲み会があるというので参加すると、誘われた上司がいるだけで、他の人は居ませんでした。私も他の人に確認をとれば良かったのですが、外回りで時間が押してしまい、現場から直行したのでまさか二人とは考えもしませんでした。そこで、肩を組まれたり腕や手を握られたり、挙げ句の果てに寄った勢いで胸やお尻も触ってきました。私が止めてくださいと言うとそんなことを私に言ってよいのかと、セクハラとパワハラと受けることに。 回答者:男性 同性の先輩職員からの体の密着、局部への接触、先方自宅での宿泊強要をされた。 回答者:女性 入社当初、上司が食事などに頻繁に誘ってくる上にボディータッチが多く、我慢の末それを指摘すると、他の同僚の前で厳しく対応されるようになりました。同僚の前で厳しくされるかわりにセクハラが治まればよいのですが、他人の目がないところではエスカレートしていき、応じれば厳しい対応をやめるというような事を言われました。 次に、「セクハラに対してどのような対応を取ったか」「対応をしたあと、状況がどう変化したのか」を聞いてみました。

【関連記事】