Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

秋元才加が語るハリウッドデビュー「急に主張の強い女になりました」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
エンタメNEXT

本格的なミリタリー描写とドラマチックな展開を両立し、根強い人気を誇る戦争アクションシリーズの最新作『山猫は眠らない8 暗殺者の終幕』が8月14日(金)より劇場公開されている。ベテラン狙撃兵のトーマス・ベケット(トム・べレンジャー)が米国政府から指令を受け、極秘任務を遂行する第1作目から27年となる長寿シリーズの第8作で女優・秋元才加がハリウッドデビューを果たした。CIA、ロシアの傭兵、ヤクザから訓練を受けた謎の暗殺者ユキ・ミフネ(レディ・デス)を演じ、本格的なガンアクションにも挑戦した撮影の裏側とAKB48時代のメンバーとの交流について語ってもらった。(前後編の前編) 【写真】シャンパンゴールドのドレスを着てスタイル抜群の秋元才加 ──映画『山猫は眠らない8 暗殺者の終幕』でハリウッドデビューを果たした秋元さんですが、どのような経緯で出演することになったんですか。 秋元 最初、『山猫は眠らない』シリーズで日本人スナイパーの役を探してるということで、オーディションを受けてみませんか?とお声がけをいただいたんです。私は、そのときに初めて『山猫は眠らない』という作品を知ったんですよ。でも、チャンスがあるんだったら挑戦してみたいと思って、オーディションを受けることにしました。ビデオオーディションでアクションの動画を撮ったり、英語の発音テストがあったり。そうしたものを送って、最終的に“レディ・デス”ユキ・ミフネ役が決まったんです。

出演が決まって焦りました

──ハリウッド作品に出るということに関しては、どんな思いがありましたか。 秋元 ここ数年、海外で制作しているドラマの日本人キャストを探してるときにちょこちょこ私の名前が挙がってたみたいで、何度かオーディションのお声がけをいただいてたんです。ただ海外のお仕事って流動的で、やっぱり現地の日本人を使うことになりましたみたいなことが結構あったんですよ。でも、これだけたくさん日本の女優がいる中で、かなりの回数お声がけいただけたので、いつか海外作品に出られたらいいなって意識はあったんです。でも、そのためにアクションをやったり英語を学んだりっていうのは、正直日々の暮らしの中で優先順位は下の方でした。チャンスがあればいいな~くらいに思ってて、そんなときにこの話がトントン拍子で決まって焦りました(笑)。 ──秋元さん的には、ほんとに決まったの?くらいの感覚だったと。 秋元 そうです。え!?みたいな感じでした(笑)。 ──そもそもハリウッド作品に出たいという強い気持ちはありましたか? 秋元 なかったんです。デビュー当時くらいに、私にはフィリピンのルーツもあるから、ファンの人が“いつかハリウッドとか海外の映画に出られるといいよね”って言ってくださってたんですけど、“そうですね”って答えながらも、正直ハリウッドは出られないよな~と思ってたんです。それがなぜか分からないけど、この歳にして夢がひとつ叶ったみたいな感じになって(笑)。 ――ぶっちゃけ無理だと思ってたものが叶ってしまったと(笑)。 秋元 そうなんです(笑)。あの頃は、ファンの方たちもリップサービスで言ってくれてるのかな?って半信半疑であったんですけど、でも実際にみなさんの夢を叶えられたこともうれしかったですし、私自身もひとつ自信になりました。

【関連記事】