Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

いよいよ始まるトランプvsバイデンの討論会はここに注目せよ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニューズウィーク日本版

「政界のスーパーボウル」テレビ討論会は第1回が最重要。2人の候補者が持つ強みと弱みとは

米大統領候補の公開討論会に大した意味はないと、政治学者はほぼ口をそろえて断じる。彼らはおそらく、有権者がある候補に投票する理由を正確に見定める方法は存在しない、という事実を理解できないのだ。 【写真特集】セクシー女優から受付嬢まで、トランプの性スキャンダル美女たち 有権者にとって、自身の選択をはっきりと説明するのは難しい。外交政策がより賢明だからと言いつつ、心の中では「大統領らしかったのは彼だ」と考えていたりする。 結論を言えば、討論会は各党の大統領候補が同じ立場で、直接対決するさまを目撃する唯一の機会にほかならない。研究結果はどうであれ、極めて重要なものだ。来るべき「政界のスーパーボウル」の行方について、いくつか予想してみよう。 9月29日に予定される第1回討論会は最も決定的なものになるだろう。聴衆が多く、残り2回の討論会のムードがここで決まる。初回を制した者が討論会全体の勝者になるはずだ。 歴史的にみれば、第1回討論会ではほとんどの場合、挑戦者の立場にある候補が再選を目指す現職大統領を打ち負かす。挑戦者は通常、予備選を勝ち抜いたばかりで調子は万全だ。 一方、現職大統領はだれた自己満足状態で第1回討論会に臨む。最も有名な例が、現職大統領バラク・オバマがミット・ロムニーの挑戦を受けた2012年だ。オバマは事前の練習をさぼり、討論会ではロムニーが主役になった。トランプ大統領が練習するはずはなく、予備選での討論やトランプ相手のシミュレーションを繰り返してきた民主党候補のジョー・バイデン前副大統領は、既にボクシングのチャンピオン選手並みに仕上がっている。有利なのはバイデンだ。 勝敗を印象付ける上では、討論会後のメディア対策が重要になる。12年の第1回討論会では両者に圧倒的な違いはなかったが、ソーシャルメディアによってオバマのダメダメぶりが増幅された。今回、オンラインでのトランプの影響力はずっと大きく、保守派ラジオ局などの基盤もより大きい。この点、有利なのはトランプだ。 討論会前の「期待マネジメント」は、討論会自体と同等に重要だ。多くの場合、肝心なのは議論を制することより、期待を上回ること。2000年大統領選に向けた第1回討論会では、民主党候補のアル・ゴアが共和党候補のジョージ・W・ブッシュを圧倒したが、ブッシュが前評判を大きく覆したため、実質的に引き分けと見なされた。

【関連記事】