Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

都内で再び感染急増 観光客戻り始めた観光地では… 静岡・熱海市、伊豆の国市

配信

静岡朝日テレビ

2か月ぶりに都内で新たな感染者100人超す

 新型コロナウイルスの感染者が、都内で新たに107人確認され、7日連続で50人以上となりました。    都道府県をまたぐ移動の自粛が、全面解除されて2週間。都内では5月2日の154人以来、2カ月ぶりに1日の感染者が100人を超えました。新たな感染者が50人以上となるのは7日連続です。  東京都は緊急対策会議を開き、小池都知事は夜間の繁華街への外出を控えるよう都民に呼びかけました。

観光施設 6割以上が首都圏から 熱海市

 観光客が戻り始めた静岡県内にも、不安が広がっています。熱海市にあるアカオハーブ&ローズガーデン。色鮮やかな花や光る海を背景に、SNS向けの写真が撮れると人気の庭園です。来園者の6割以上が、首都圏からの観光客だといいます。  きょうも県外から多くの人が訪れていました。 千葉県から 「いい天気になったから、本当に良かった」 「最高だね、初島まで飛べそうだね」 千葉県から 「もうちょっと(遠出は)躊躇しているので、近くで1泊2泊ぐらいな所でと思ってここに来た」 神奈川県から 「付き合って記念日だったので、旅行で。全然おでかけできなかったので、リフレッシュできて幸せ」  庭園内の施設はほとんどが屋外ですが、新型コロナ対策を徹底しています。園内を移動するバスは1列ごとに席を空け、窓を開けています。海を一望できるカフェでは、飛沫感染の予防として席を横並びにしています。  ただ、首都圏の来園者から感染が広がるリスクに不安を感じています。 アカオハーブ&ローズガーデン 設楽昌平企画課長:「オープンしている以上は、リスクがどうしてもあるとは理解している。できる限りの対策をして、安全安心に、今、考えるところはそこだけ」  今年はバラが満開となる5月中旬のかき入れ時に休業要請となり、現在も、来園者は去年の3分の1ほどに落ち込んでいます。都内での感染者急増は心配の種ですが、新たにフードメニューをテイクアウトできるよう準備を進めています。 アカオハーブ&ローズガーデン 設楽昌平企画課長:「室内空間は不安もあるので、外へ持ち出して、広いところで食事やスイーツを楽しんでいただく方が、安心に感じられると思いますから」