Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米中“5G”戦争も背景に? ドコモ完全子会社化でNTTはGAFAと戦えるのか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 4兆円超を投じ、NTTドコモを完全子会社化することを決めたNTT。グループとしてIoT(モノのインターネット化)や5Gへの投資を効率良く進める狙いがあり、その先には6Gの研究開発も見据えているようだ。  このタイミングでの発表について、NTTドコモの吉澤和弘社長は「リモート型の社会に大きく変わろうとしている。今ここでやらないと」と説明している。

 ITジャーナリストの石川温氏は「もともと今のままでは世界と戦えないと言われていたこともあり、グループ再編はしたかったのだろう。実は4月に発表するという話もあった。そこに菅総理の“携帯料金値下げ発言”があったので、澤田社長としては“渡りに船”ということで、このタイミングで仕掛けたのだと思う。ドコモとしてはあくまでも単独でやっていきたかっただろうが、NTTとしてはドコモの助けやブランドイメージが欲しかったのだろう。世界に目を向ければ、中国は5Gで世界に進出すると言っているし、アメリカはその中国を排除しようとしている。まさに国と国との戦いになる中、日本政府としてもバックアップしたいという思惑もあると思う」と話す。

 その一方「成長戦略が描けない中での、“攻め”というよりは“守り”の決断だ。携帯料金値下げの中での4兆円の回収や、グループの人員削減の問題も出てくると思う。すでにGAFAは通信の分野にも進出してきている。そこに対抗するにはインターネットサービスもなければならないし、通信もしっかりしていなければならない。あるいはクラウドも同様だ。総合力で戦うのは難しい。また、中国メーカーはコスト力が圧倒的に強く、基地局を安く作ることに長けている。そこでNTTを始めとした日本の企業やメーカーが戦うのは難しい。政府やNTTグループは6Gに向けて頑張ると言っているが、通信の世界は“積み重ね”。すでに5Gで2周遅れと言われている日本が巻き返すのは非常に難しいと思う」との見方を示した。

【関連記事】