Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

嘘のような本当の話、大阪知事発言でうがい薬消える-明治株急伸

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Bloomberg

(ブルームバーグ): 大阪府の吉村洋文知事が4日午後の会見で、うがい薬の成分「ポビドンヨード」で新型コロナウイルス感染症の治療効果が期待できることを確認したと発表したことを受け、同成分を含んだうがい薬を販売する明治ホールディングス(HD)の株価は急騰。都内のドラッグストアには消費者が殺到し、店頭から該当の製品が消えた。

「うそのような本当の話」。この日府庁で松井一郎大阪市長や大阪はびきの医療センターの研究者らと臨んだ会見で吉村知事はこのように切り出した。

国内での流行が拡大して以降、新型コロナの患者を受け入れてきた同センターの臨床研究で、同成分を含んだうがい薬を使うことでコロナの陽性者が減少していくとの知見が得られたことを紹介。

具体的には、軽症患者41人に1日4回うがいをさせたところ4日目にはポビドンヨードを含むうがい薬を使っていないグループの陽性率が40%だったのに対し、同成分を含むうがい薬を使ったグループは9.5%に低下したという。

吉村知事は法律の関係で効能については言えないとした上で、大阪府の宿泊療養施設で同意を得た上で軽症者の全員にうがい薬を使用してもらうようにしたいと述べた。

千代田区のドラッグストア、マツモトキヨシ「ワテラスモール店」では午後3時すぎには明治HDの製品を含むポビドンヨードを含んだうがい薬が店頭の棚から消えていた。アマゾンなどのネット通販サイトでも関連商品の多くが品切れとなっている。近隣の3店でも在庫はなかった。

今後の入荷は未定

同店の小林輝雄副長によると、テレビでの吉村知事の発言を聞いた客が買い求めていったという。これらのうがい薬は緊急事態宣言が出された4月ごろに一時品切れとなったことがあるが、それ以降は供給が途切れたことはなかったという。「今後の入荷についてはまったく分からない」と話した。

明治のウェブサイトによると、ポビドンヨードはヨウ素の酸化作用を利用した抗微生物成分で、殺菌消毒剤の影響を受けにくいと言われている微生物や細菌に対しても効力を発揮するという。

【関連記事】