Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鹿島、川崎に1-2で敗れ今季公式戦4連敗 開幕2節も…惜敗でリーグ最下位

配信

Football ZONE web

J1再開戦で鹿島は川崎に1-2で惜敗 DF内田が初先発、高卒新人FW染野がデビュー

 鹿島アントラーズがJ1再開戦となる4日の第2節で敵地の川崎フロンターレ戦に臨み、1-2で敗れた。今季はアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフ、ルヴァンカップ、サンフレッチェ広島との開幕戦(0-3)に敗れ、公式3連敗スタートとなっていた鹿島は、元日本代表DF内田篤人が先発メンバーに名を連ね、今季初出場を飾った。それでも、前半2分に失点し、2-0とされた直後にオウンゴールで1点を返すも、今季の公式戦4連敗となった。  雨が止んだ等々力競技場に、いつもの大声援はなかった。試合は開始直後に動いた。前半2分、川崎MF大島僚太の左クロスにDF谷口彰悟が反応。FWレアンドロ・ダミアンを通り越したボールを谷口がダイレクトで右足を合わせて早くも先制点を奪った。さらに同30分、右サイドのMF家長昭博がピンポイントでサイドチェンジ。パスを受けたMF長谷川竜也が右足でトラップ後、素早く左足の強烈シュートを突き刺した。  鹿島は直後にCKでチャンスを掴む。右CKからゴール前へ入ったボールは川崎FWのL・ダミアンが頭でクリアを試みるも、ゴールへ吸い込まれてオウンゴールで1点を返した。  2-1で折り返した後半は、ホームの川崎ペース。猛攻を受けるなかで、後半14分に鹿島が決定機を迎える。右サイドの内田がゴール前のFWエヴェラウドへピンポイントのクロスを送ったが、これを空振り。同点に追いつくことはできなかった。  後半27分には尚志高校から鳴り物入りで加入した高卒ルーキーFW染野唯月が、途中出場しプロデビュー。後半40分に強烈なシュートを放ったが、惜しくもクロスバーを叩いて決め切ることができなかった。試合終盤になるに連れて選手の声も次第に大きくなり、白熱した展開となったが、そのまま2-1で試合は終了した。  鹿島はクラブ史上初めてリーグ最下位スタートとなった開幕戦に続いて敗れ、今季の公式戦は4連敗。一方の川崎は今季リーグ戦初勝利となった。

Football ZONE web編集部

【関連記事】