Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

まさか自分の年齢で!? いま、本格的な老眼世代でなくとも「初期老眼」が進行中

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Tarzan Web

朝起きてから寝るまでスマホやパソコンを操り、近距離の対象ばかりに目を凝らす日々。気付かぬうちに、目には疲労が蓄積していく。その日の疲れはその日のうちに解消すべし![取材協力・監修/平松 類(二本松眼科病院、眼科専門医、医学博士)] [画像]ガボール・アイのやり方 * 絶対に、まだのはず! そう自分に言い聞かせても、帰路の電車内でスマホを持つ手は、朝の出勤時と比べて微妙に遠くなっている…ような。 これこそ、いま働き盛りに猛威を振るう“スマホ老眼”、別名・夕方老眼だ。 本格的な老眼が始まる前の一時的な生理現象だが、見え方が悪くなる理由は中高年の老眼と同じ。

スマホ老眼、2つの理由。

2つの理由で老眼はやってくる。目は光を角膜と水晶体で屈折させ、網膜の上に像を結ぶことで物を見ている。だが、加齢とともに水晶体を膨らませる毛様体筋の筋力が低下し、薄く広がったままになりがちとなる。これはいわば遠くを見る状態。 また、年とともに水晶体が硬くなるので、近くを見るために水晶体をぐんと膨らませ、屈折率を上げるのは難しくなり、結果的に近くが見えにくくなるのだ。だから、スマホを持つ手がより一層遠くなる。 さらに目の問題だけでなく、情報伝達ルートである視神経に老化、劣化が進めば、見え方への影響は避けられないし、脳の情報処理能力が低下しても視力低下は起きる。 まだ本格的な老眼世代でない人に、こういう現象が起きるのは往々にしてスマホ、パソコンなどのディスプレイを近距離で長時間凝視したため。疲労しきった目はピント調節機能が低下してしまうのだ。 目の疲労と近距離の見えにくさを自覚するなら、本気で目を休ませる生活スタイルに切り替えよう。パソコン作業は60~90分ごとに10~15分程度の休憩を入れるべし。休憩時には目を温めても回復につながる。

初期老眼は「まだ戻れる」。

もちろん、ブルーライトをカットするのもよい工夫。初期老眼の段階で対処すれば、まだ回復力があるので改善は可能だが、放置すると本格的な老眼に直結する可能性あり! 目を休める以外にできる自助努力も実はいろいろあり、昔から推奨されてきたシンプルな方法に、遠近の対象物に対し、交互にピントを合わせて見るというものがある。 遠くを見ることで目の緊張をほぐそう 遠くを見ることで目の緊張をほぐそう。/目から30cmほどの距離にペンを持ち、そこにピントを合わせたら、2m以上先の目標物にピントを合わせる。交互に10回程度繰り返す。眼鏡やコンタクトレンズはしたままで。初期老眼の改善にお勧め。 また、下記のガボール・アイ(初級者向け)を試してほしい。ホログラフィーの発明でノーベル物理学賞を受賞したデニス・ガボール博士考案のガボール・パッチを利用した視力回復法だ。 これを見ることで目に変化をもたらすのではなく、脳の情報処理能力を高めて視力をよくするので、初期老眼だけでなく近視にもいいとされる。カンザス大学は初期老眼21名、近視17名でこのパッチを使って実験を行ったところ、老眼の人の近見視力が平均0.3向上したという。

【関連記事】