Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

医師専用サイト比較! 医師はどんなサイトを使っているのか?

配信

幻冬舎ゴールドオンライン

医師をはじめとした医療従事者が、インターネットで情報収集するのはもはや当たり前のこと。では、医師たちは普段どのようなサイトを使いこなし、情報を収集しているのか。多くの医師会員数を有する国内の主要な医療従事者向けサイト『m3.com』『Medpeer』『日経メディカルOnline』などの特徴を紹介しよう。

厚生労働省の調査によると、全国の医師数は2018年12月31日時点で32万7210人です。 今やその多くが何らかの医療従事者向けの医療情報サイトを活用しています。さらに、薬剤師や看護師などもこれらのサイトを活用していて、医療情報サイトは医師をはじめとした医療従事者にとって欠かせない存在になっています。 さまざまなサイトがしのぎを削る中、特に注目したいのは『m3.com(エムスリー)』、『MedPeer(メドピア)』、『日経メディカルOnline』の3サイトです。そして6月、新たにオープンした『because』というサイトがある。それぞれの特徴を見てみよう。

m3は29万の医師、16万の薬剤師が登録している

『m3.com』はエムスリー株式会社が運営するサイトで、m3はmedicine(医療)、media(メディア)、metamorphosis(変革)の3つの言葉の頭文字mに由来しています。 『m3.com』は製薬会社の医薬情報担当者(MR)が担ってきた業務をインターネット上で代替するサービスで伸びてきました。今では、29万人以上の医師(全国の医師の約9割)や16万人以上の薬剤師などが登録している、日本最大級の医療従事者専用サイトに成長しています。 『m3.com』の魅力はどこにあるのでしょうか。糖尿病などが専門の内科医S氏と内科の開業医K氏は、情報量が圧倒的に多いことが『m3.com』の優れた点であると指摘します。 『m3.com』を見ると、「医療に関する様々な情報、全部ここにあります。」と高らかに宣言しています。その言葉どおり、全国主要紙の医療関連記事をはじめ、『m3.com』独自取材の医療記事、海外主要ジャーナルの最新論文の抄訳、臨床に関するニュースなどが毎日、配信されています。 登録して利用することによる特典も充実しています。 「貯まったポイントはアマゾンギフト券や医学書、寄付など1500種類以上の特典と交換できます。」 とサイトの説明にあるように、ポイントは自己研鑽や社会貢献に使うことができるし、お米やミネラルウォーターなどの食料品と交換することもできます。内科医S氏は「『m3.com』はポイントがたまりやすく、それを楽しみにしている医師も多い」と話します。 『m3.com』https://www.m3.com/

【関連記事】