Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナが加速させる「若者の東京離れ」 もはや流行の最先端ではない

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マネーポストWEB

 日本で新型コロナウイルスの感染者がもっとも多く、経済的にも大きなダメージを受けているのが東京だ。芸術や演劇などのショービジネス、そして夜の街も含め、これらは東京が“3密”を内包した大都市たり得たからこそ成り立っていた。彼らはいま、コロナ禍で仕事を失い、人生を考え直すことを余儀なくされている。 【表】ビジネスから教育まで コロナの影響で「消えるもの」「新常識になるもの」50

“東京ドリーム”ともいうべき華やかで高収入な仕事ができなくなれば、夢破れた若者たちは、今後次々と東京を去るだろう。だが、この流れはいまに始まったことではない。世代・トレンド評論家の牛窪恵さんが語る。

「実は、コロナ以前からすでに若者の“東京離れ”の流れはありました。バブル崩壊後は地方に大型の商業施設が増え、都会に出なくてもおしゃれなものが買えるようになった。また、ネットショッピングの普及の影響も大きい」

 若者たちはJR新宿駅から徒歩7分の伊勢丹に行くことすら「遠い」と敬遠する。

「ルミネなどの駅ナカや、車で行ける郊外のショッピングモールに慣れ、その方がラクだと感じるようです。今後は感染リスクから“混んでいるところはイヤ”となることも充分考えられます」(牛窪さん・以下同)

 6月8日、家具量販店のIKEAが日本初の都心型店舗としてオープンさせた「IKEA原宿」は、原宿駅の目の前に位置する。

「実店舗で見たものを後からネット通販で買う『ショールーミング』、ネットで見つけた商品の風合いなどを試すために実店舗に行く『ウェブルーミング』の双方を取り入れた新店舗です。いまはもう、実店舗だけでなく、ネットとの連動も取り入れないと、客を呼びにくいのです。

 近年の流行の最先端は東京の街ではなく、インスタグラムの中の海外セレブやK-POPスター、あるいは“ご当地”から生まれる。“東京で暮らしたい”“東京がかっこいい”という気持ちは希薄と言わざるを得ません。それをコロナ禍が強く後押ししたのです」

 一方、地方で資産を持つ上の世代は事情が違う。

【関連記事】