Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ひとり暮らしの方が幸せ?|コロナ時代 孤独の処方箋

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

取材・文/坂口鈴香 【1】では、コロナ禍において、会うことが難しくなった高齢の親を支える子世代の声を紹介した。 家族に限らず、人と会えないのはさびしい。それでなくても、高齢の親は、老いによってさまざまな喪失感を抱いている。新型コロナウイルスは、そこに孤独という追い打ちをかけたのだ。 そもそも、「孤独」とは何なのか? 【1】は関連記事から

新型コロナウイルスがもたらした「孤独」とは

明治大学教授で臨床心理士の諸富祥彦氏によれば、孤独には3種類あるという。 それが 1 社会的孤立。離婚、死別、破談、失職などがもたらす別離によって、他者とのつながりや社会的な連帯から切り離され、疎外された心理的社会的な状態。自分で選んだのではなく、自分の意志とはかかわりなく訪れてしまう「非選択的な孤独」 2 他者とのしがらみや同調圧力から解放され、自由になった心理社会的な状態。自分の意志で選んだ「選択的な孤独」 3 一人、静かに己と向き合い、自分の内側深くとつながり、自己の内面を見つめていく「深い孤独」だ。(『孤独の達人』(PHP新書)p21-23) 今回のコロナ禍で引き起こされた孤独は、1の「自分の意志とはかかわりなく訪れる孤独」に当たるだろう。2や3と比べるとネガティブな孤独であり、ストレスも大きいことは想像に難くない。親がこの状態にあるのなら、家族はなんとかしてサポートしたいと思うのではないだろうか。 なかでも、心配されるのがひとり暮らしの親だ。

ひとり暮らしの高齢者は生活満足度が高い

こんな興味深い調査がある。 大阪府門真市医師会で、大阪府下の60歳以上のひとり暮らしの高齢者を電話で情報共有しながら支援する活動を担当している辻川覚志氏が、1万回以上の電話に加えて氏の診療所に来院した方へのアンケートや会話も含めてまとめたものだ。 “60歳以上の方に、日常生活における満足度を100点満点で評価してもらいました。(中略)ひとりで暮らす方の平均は73.9点、家族と同居している方の平均は68.4点と、ひとり暮らしの方のほうが満足度が高いという、少し予想外の結果が得られました。”(辻川覚志『老後のホンネ、幸せなのはどっち?』(PHP文庫)p16) また同氏の『老後はひとり暮らしが幸せ』でも、60歳以上の高齢者460人を対象にしたアンケートを行った結果、ひとり暮らしの高齢者の人生の満足度は、家族と同居している高齢者の人生の満足度よりも高かったという結果が出たと述べている。しかも、子どもの有無は老後の満足度にほぼ関係していないというのだ。 “アンケート結果によりますと、子が近くにおられる場合も、遠方にしかおられない場合も、子がいない場合も、すべて満足度は大きな差は認められませんでした。”(『老後はひとり暮らしが幸せ』(水曜社)p27)

【関連記事】