Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

エアタッチならぬ”エアヒップタッチ”まで… プロ野球のソーシャルディスタンス

配信

Full-Count

選手同士の接触を減らし、密集、密接を減らすための取り組みの数々

 新型コロナウイルス緊急事態宣言の解除を受け、プロ野球は6月19日の公式戦開幕へ向けて無観客で対外試合を再開。2日のDeNAと楽天の練習試合(横浜)では、あちこちでソーシャルディスタンスへの気遣いがみられた。 【画像】ベンチには間隔を空けて「X」印の紙が貼られ、選手同士が密着しないための配慮が取られた  横浜スタジアムの両軍ベンチには、ところどころに「×」印が描かれた紙が置かれ、選手同士が離れて座るように配慮。さらに首脳陣と控え選手はベンチ内でマスクを着用し、座席が少なくなったぶんベンチに入り切れなくなった一部選手とコーチはグラウンドに張り出した無観客の「エキサイティング・シート」で試合を見守った。  それだけではない。DeNAの新外国人オースティンが3回に左翼場外へ特大の2ランを放ったが、ベンチへ戻ると、ナインとはお互いに手をひらひら振るだけの“エアタッチ”。大和とは、お互いにお尻を向けあう“エアヒップタッチ”を交わした。9回に桑原が2ランを放った際も同様で、極力選手間の接触を避けていた。オースティンは「早くタッチしたい気持ちもなくはないが、今はチームの決定に従う」と語った。  一方の楽天もブラッシュが4回にソロ、茂木が5回に2ランを放ったが、こちらは肘と肘を合わせる“エルボータッチ”。接触部分を最小限にとどめた。  DeNAのラミレス監督は試合後「こういう状況なので、やるべき対策をしなければならない。これに関して話すことはない」と言葉少なで浮かない表情。誰もが抱き合い、体をぶつけ合って喜びを分かち合える日常が戻ってくるのを待ち望んでいる。

宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki

【関連記事】