Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「特別な夏」街の声 関西の近場で過ごすお盆休み 

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ラジトピ ラジオ関西トピックス

「特別な夏」となった今年のお盆休みは、新型コロナウイルスの感染拡大が影響し、各交通機関とも激しい混雑はなかった。休み最終日の日曜・16日、例年なら帰省したふるさとや観光地からのUターンラッシュで込み合うが一変した。神戸の中華街・南京町で聞いた。 ■「お正月の帰省も無理でしょうね」40代主婦 「もともと神戸出身なので、枚方市から娘(高校1年)を連れてきました。緊急事態宣言が出て休校期間が長かったぶん、娘の学校の夏休みが10日しかないので、近場で遊びに出たいなと思って。夫の実家が茨城県なんですが、今年は帰省しませんでした。義理の父母とも高齢ですし。このままだとお正月も帰省は無理でしょうね」 ■「日帰りの京都、清水寺の風鈴にに感動!」30代会社員男性 「本当は早めの夏休みを取って妻と海外旅行(ヨーロッパ)へ友人と行きたかったんですが、コロナの影響で早々とあきらめました! しばらく海外は無理でしょうね。だから関西で日帰りで行けるところを探して京都へ。とても暑かったんですが、清水寺の南部鉄器の風鈴に癒されました! 涼しさを感じられて、得した気持ちになりましたね」  また「五山の送り火」の16日には毎年、聖護院門跡とともに護摩供養を行うため、仁王門の屋根の桧皮に火の粉が飛んで燃えないよう、消防用のドレンジャーで放水、訪れた人は炎天下での「ミストシャワー」現象にしばし涼を感じていた。 ■「マスクがつらい!子どもに気の毒で」20代主婦 「近くに住んでます。散歩がてら来ました。いつもなら南京町は平日でもたくさんの人でにぎわってるんですが、どこへ行っても何となく人が少ないイメージでしたね。これだけの猛暑ですから、やっぱりマスクは息苦しいです。(小学2年の)息子がつらそうにするので、マスクは回りに人がいないときは取ったり、人が多いところでは着けたりと、メリハリつけています。でも大人の私はそうはいかないですから、悪戦苦闘の夏休みです」  携帯電話大手・NTTドコモが携帯電話の基地局の情報からプライバシーを保護して集めたデータ「モバイル空間統計」によると、8月16日(日)・15時現在の京阪神の人出の増減は、前年同月の平均に比べて、▼神戸・三ノ宮駅=36.6%マイナス、▼大阪・梅田周辺=41.2%マイナス、▼京都・四条河原町付近=25.2%マイナス となった。

ラジオ関西

【関連記事】