Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ビル・ゲイツが週に3回実践する、10分間のある習慣とは?

配信

ライフハッカー[日本版]

ビル・ゲイツは、自由な時間は多くないものの、普段は週に2~3回のペースでなるべく頻繁に瞑想するようにしていると最近ブログに書いています。 瞑想には生理学的にも脳にも利点があることは、何度も研究により実証されています。 ビル・ゲイツの瞑想に対する考え方は大きく変わりました。20代の頃は「瞑想は転生に何か関係があるスピリチュアル系のことだと思っていたので、やってみようとは思わなかった」と書いています。 しかし、現在は次のように語っています。 今の私は、瞑想は心のエクササイズだと思っています。ちょうどスポーツをするとき筋肉を鍛えるのと同じようなものです。 私にとって、瞑想は信仰や神秘主義とは無関係です。 1日のうちの数分を割き、頭の中にある思考に注意を払う方法を学び、そうした思考から少し距離を置くことでしかありません。 ビル・ゲイツは、普段は1回10分間程度の瞑想をしていて、たまには妻のMelindaさんも参加すると書いています。 「私には蓮華座を組むのは到底無理なので、快適な椅子を使用しています」とのこと。

たった10分間でも効果はあるの?

でも、1回10分間の瞑想をするだけでそこまで違いが出るのでしょうか? ビル・ゲイツは「もちろん違いが出ます」と言います。 Headspaceという瞑想アプリの共同創設者であり、アプリの声も担当しているAndy Puddicombeさんも同様の意見です。 元仏教の僧侶で、サーカスの道化師もしたことがあるPuddicombeさんは(「本当のことです。冗談は言っていません」とビル・ゲイツは書いています)、10分間なら誰でも何とかできるはずなので、その10分間でできる瞑想を普及させるためにHeadspaceを創設しました。 ビル・ゲイツは、Headspaceと出会う前に、瞑想に関する本を数冊読んだと書いています。 彼は、瞑想のコンセプトに興味を引かれはしましたが、本で推奨されていることは実践できませんでした。時間とエネルギーが足りなかったからです。 Headspaceのおかげですんなり瞑想を始められました。 Andyさんの滑らかなイギリス英語を聞きながら、1日にたった10分間彼に寄り添えばいいだけです。 Andyさんは本格的な瞑想家が持つ情熱を取り入れながらアプローチしやすいスタイルを作り、私に瞑想を始めさせて習慣化させてくれました。嬉しい限りです。 ビル・ゲイツは、最近自身の夏の読書リストを発表しました。 Puddicombeさんの著書『The Headspace Guide to Meditation and Mindfulness 』はトップ5には入っていませんでしたが、「その他の読む価値のある本」のリストの最初にありました。

【関連記事】