Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

知っておきたい「お盆」の基本 |コロナの影響で法要ができない場合はどうする?

配信

サライ.jp

日本の夏といえば「お盆」。郷里へ帰って家族と一緒にお墓参りする。8月13日に迎え火を焚いて先祖の霊をお迎えし、16日に送り火を焚いてお送りをするのが、日本の伝統な習わしです。そんな夏の行事も「新しい生活様式」によって変容を余儀なくされています。 さて、どのように「お盆」の行事を取り行えば良いのか、悩んでおられる方も多いのではないでしょうか? 株式会社メモリアルアートの大野屋が、「お盆」に向け、新しい生活様式下でのお盆行事の注意点やマナーの情報サイト「お盆の質問」を公開しています。参考にしてみては如何でしょう。

■新しい生活様式下での「お盆」はどうしたらいいの?

今年は、新型コロナウイルスの影響でお盆をどのように過ごせばよいかご相談をいただきます。感染拡大の状況を確認し、関係者に相談しつつ、安全を第一に考えた判断が重要です。 Q. 「今年が新盆の予定だが、親族を呼ばなくても大丈夫か。法要を行わない場合、どのように新盆を行えばよいか?」 A.親族の方に事情を説明し、ご家族だけで新盆を行っても良いのではないでしょうか。自宅に盆棚を飾り、新盆であれば、盆棚の周りを提灯や盆飾りでできるだけ明るく賑やかにし、白い無地の提灯「白紋天(しろもんてん)」を飾ります。 Q. 「毎年お盆には僧侶に棚経をお願いしていたが、今年はどうしたらよいか」 A.状況に鑑みて、不安があれば今年はご遠慮されても良いのではないでしょうか。お寺に事情をお伝えし、近親者だけで盆棚に手を合わせ、お食事をされて故人の霊をお迎えされても良いと思います。

■知っておきたい「お盆」の基本情報

Q:新盆(にいぼん)とは、どんな行事 新盆(にいぼん・あらぼん・しんぼん・はつぼん)とは、故人の四十九日が済んだ後、初めて迎えるお盆のことです。新盆には、故人の霊が初めて家に戻ってこられるので、普段のお盆よりも丁寧にお迎えします。僧侶を迎えて読経をしていただいたり、ご親戚や故人に縁があった方がお参りに来たりということもありますので、準備は通常のお盆よりは少し早めに行うことをおすすめします。 Q:お盆に準備すべき物は? ・盆提灯 お盆の期間中、「盆提灯」を飾ります。鎌倉時代、京都ではお盆に精霊を迎えるための目印として、門口に高い竿を立てて、その先に提灯を掲げる「高灯篭」が行われていました。その風習が、「盆提灯」に引き継がれたものだといわれます。 ・盆棚 「盆棚」は、「精霊棚」ともいわれ、精霊をお迎えする祭壇です。棚にはござや真菰(まこも)を敷き、中央に位牌を安置します。ナスやキュウリで作った牛や馬、精進料理のお膳や、だんご、そうめん、季節の野菜や果物を供えます。また、洗った米になす、きゅうりなどを賽の目に刻んだものを混ぜて、はすの葉の上に盛り付けた「水の子」と呼ばれるものも備えます。棚の左右には灯篭、霊前灯、絵柄提灯を飾ります。 ・迎え火・送り火 13日の夕方に自宅の門口などで「迎え火」を焚いて、霊を迎えます。「迎え火」はほうろくと呼ばれる素焼きのお皿の上でおがらを焚きます。15日の夜、もしくは16日に「送り火」を焚いて盆送りをします。精霊流しや灯籠流しなどで送る地域や宗派もありますが、最近ではそれができる海や川が少なくなっているようです。 Q:お盆の法要や棚経について お寺では「盂蘭盆会」という法要を執り行います。7月に入ると「棚経」といって、菩提寺の僧侶が檀家をまわってお経をあげていただくという習わしがあります。新盆の場合には、僧侶を自宅にお招きして法要をお願いし、親戚や知人などを呼んで故人の供養をします。 お布施の額は地域やお寺との関係によって一概には言えませんが、棚経の場合には5,000円~10,000円、新盆のように特別にお願いをしてお経をあげていただく場合には10,000~30,000円を目安にする場合が多いようです。またお布施とは別に「御車代」を包むこともあります。 新盆の法要に招かれた場合には、手土産に添えて「御仏前」あるいは「御供物料」を持参します。「御仏前」の額は、故人との関係などによってさまざまですが、一般的には5,000円~10,000円が目安になっているようです。

【関連記事】